きのこ会議 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月13日発売
3.63
  • (9)
  • (19)
  • (23)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 142
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (6ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • キノコのキノコによるキノコのための会議.
    あるキノコは前向きな発言をし、あるキノコは毒を吐く.
    そこへ人間が・・・
    最後のオチがシュールだった.

  • 夢野久作の作。
    きのこ連中が森に集まり、かわるがわる演説を始める。
    彼らの関心事は、自分たちに対する人間のさまざまな行いである。椎茸が畠を作ってもらってうれしいと言えば、松茸は胞子を飛ばす前に食べられることを嘆く。
    一同、ふむふむと聞いていると、そこで立ち上がったのが毒きのこ連中。そもそも人間の役に立つことなど考えるのがおかしいという。毒を持っていれば食べられることもなく、自由に一族が栄えられるではないかと一席打つ。
    ほほう、それもそうかと、きのこたちは、毒がないのとあるのと、どちらが得か試してみることにする。
    さてその結果は。

    他愛ないといえば他愛ない話だが、出てくるきのこの名前が何だかすごい。
    初茸、松茸、椎茸、木くらげ、白茸、鴈茸、ぬめり茸、霜降り茸、獅子茸、鼠茸、皮剝ぎ茸、米松露、麦松露

    対する毒きのこは
    蠅取り茸、紅茸、草鞋茸、馬糞茸、狐の火ともし、狐の茶袋

    ・・・何か聞いたことないきのこばかり。知っているのは松茸、椎茸、木くらげくらいかな・・・? 松露も聞いたことはあるけれど、米松露とか麦松露は初耳だ(*種としては同じものだが、未熟で中が白いものを米松露、成熟して黄色くなったものが麦松露と称するらしい)。
    毒きのこの方も、咄嗟に聞かれたら定番のベニテングタケが思い浮かぶくらいだが、いやはや何とも怪しげな名前のきのこがあるものだ。馬糞茸なんて、およそ食べたくない。馬糞の形というわけではなく、馬糞に生えるものらしいが。・・・いや、余計食べたくないか(^^;)。

    夢野久作はもちろんペンネームで、福岡地方の方言「夢の久作」からきているそうだ。夢想家、夢ばかり見る変人を指す。彼の作品を読んだ父親が、「夢の久作の書いたごたる」と評したことから採られている。
    怪奇色、幻想色の強い作風というが、本作はごく短く、あまりそういった雰囲気はない。とはいえ、何だかこだわりの強そうな感じはする。

  • 『ドグラマグラ』で有名な夢野久作の短編。
     
    『きのこ会議』の『きのこ』は比喩でもなんでもなく
    ホントに『きのこ』たちの会議の様子を描いた作品です。
     
    『毒キノコ』のように、相手が嫌がることを
    したものが最終的に勝つ!
     
    きのこたちの会議ではそう結論付けられた。
     
    そこへ人間たちがやってきて……
     
    まあ、Win-Winでいこうよ! って感じのことを
    説いている作品。
     
    シュールな作品です。

  • 森の中、たくさんのきのこたちが集まって会議をする。その様子が目に浮かぶような話です。
    初茸、松茸、椎茸、木くらげ、白茸、鴈がん茸、ぬめり茸、霜降り茸、獅子茸、鼠茸、皮剥ぎ茸、米松露、麦松露…。
    集まったきのこたちは子孫を増やしたいと思っていた。しかし松茸などは、その美味しさから、傘が開き切る前に人間に食べられてしまう。
    そんな「おいしいきのこ」たちを嘲笑うのは、蠅取り茸、紅茸、草鞋茸、馬糞茸、狐の火ともし、狐の茶袋などの毒茸の連中。
    「毒があれば食べられることなんてない。われわれ毒キノコが最強なのだ!!」
    ところが毒きのこたちは、毒があるゆえに、人間に「征伐」されてしまうのでした。おしまい。

  • 可愛くも滑稽で虚しいきのこたちのお話

  • 無情というか…ラストあまりのことに吹き出してしまった。かわいそうなのに笑えるとはこれいかに。落語みたいにオチがついてるのがいいのかな。

  • 実際きのこ達が会議を開いたら、
    こういう議題で熱く議論されていくのだろうな。
    擬人化きのこ本と併せて読んでみると
    時代を越えて楽しみが膨らみそう‼

  • ■書名

    書名:きのこ会議 [Kindle版]
    著者:夢野 久作

    ■概要

    幻想性の色濃い作風で知られる昭和初期の作家、夢野久作の短編小
    説。初出は「九州日報」[1922(大正11)年]。ある晩、きのこ達
    が集まって談話会を催す。傘を広げ種子を撒く前に人間に摘み取ら
    れてしまうことをなげく松茸に対して、毒きのこの一団は、自分た
    ちのように「人間の役に立たない毒」になるべきと主張するのだっ
    たが、そこに人間の家族が現れる。
    (From amazon)

    ■感想

    うん、面白いです。
    最後のオチも良い。

    「人に嫌われれば食べられないけど、殺される」

    生き延びるためには、あらゆる可能性を考えましょう!

  • 見事なオチだった。

  • 読み始めたときはなぜか宮沢賢治を思い起こし、最後まで読むとグリム童話を読んだような読み終わった感が残った不思議な作品。ごくごくごく短い短編小説。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1889年、福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇味と幻想性の色濃い作風で名高い。1936年歿。

「2021年 『空を飛ぶパラソル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢野久作の作品

ツイートする
×