人生論ノート [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月13日発売
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (122ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者のことや本書について前知識なく読んので、タイトルから自己啓発本かと思ったが、読んでみると人生の様々な側面への考察であった。
    著者は戦時中に治安維持法のために獄中死した哲学者である。

    そのように世の中が戦争へと進み、個人よりも国家への奉仕という流れが強くなるなかで「幸福」などのテーマを取り上げ個人の人生を語るというのは彼自身本書でいうところの行動的思想家というところだろうか。

    色々良いことが書いてあるのだが、
    まだなかなか自分の中に本書の内容を落とし切れていないのが歯がゆい。

  • 「いかなる人も他を信じさせることができるほど己を信じさせることができない。他人を信仰に導く宗教家は必ずしも絶對に懷疑のない人間ではない。彼が他の人に滲透する力はむしろその一半を彼のうちになほ生きてゐる懷疑に負うてゐる。少くとも、さうでないやうな宗教家は思想家とはいはれないであらう。」(懐疑について)
    はっとするような文章がいくつか。自分の読解力のなさで理解が難しかった箇所については、いつかまた再読しようと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1897年、兵庫県生まれ。京都帝国大学哲学科卒。ドイツ留学を経て法政大学教授等を務めるが、1930年に法政大学を辞してからはジャーナリズムで活躍。1945年3月に検挙・拘留され、敗戦40日後の9月に獄死。享年48歳。著作は『三木清全集』全二十巻(岩波書店)にまとめられているほか、『人生論ノート』(新潮文庫)、『読書と人生』(講談社文芸文庫)などは文庫化されている。

「2017年 『三木清遺稿「親鸞」 死と伝統について』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人生論ノートのその他の作品

人生論ノート (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人生論ノート (青空文庫POD(ポケット版)) 三木清
人生論ノート 単行本(ソフトカバー) 人生論ノート 三木清
人生論ノート オンデマンド (ペーパーバック) 人生論ノート 三木清

三木清の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

人生論ノートを本棚に登録しているひと

ツイートする