学問のすすめ [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月13日発売
3.92
  • (13)
  • (21)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 234
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (96ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恥ずかしながら、読んだことが無かった。
    長い時間をかけて、少しづつゆっくりと読ませてもらいました。

    正直、驚きです。初版は明治5年?!
    明治維新の時代に、これを発表し唱えるって・・・
    福沢諭吉って、本当にスゴイ人だったんですね。
    初版から142年を経て、今も通用する「学問のすすめ」
    これは、驚いた。今の生活、思想の基本です。

    kindleのコレは、原文に忠実なのか、昔言葉で書かれています。解釈の難しい部分もありますが、平行して現代語約版も読んでいきます。

    kindleで、これが無料で読めると言うこともスゴイ!!

  • 時代を超えても、とても重要なことが書いてある。学び、活かし、日々より大きなことができる人にならなくてはいけない。そこから逃げて損をするのは誰でもなく自分自身であることを如実に教えてくれる。

  • 驚いた。フツーに内容に感銘を受けた。

    政府と国民のあり方とその関係、
    孔子批判、男女平等、西洋妄信への警鐘。
    明治初期にこれだけ考えられるのか。
    福沢諭吉とはここまですごい人だったのか。

    ただ、二重否定がかなり多くてちょっとツライ。
    強調したいんだろうけど、
    「あらざるべからず」⇒「あるべし」とするだけで、
    格段に読みやすくなるのになぁ・・・

  • いわゆる「勉強する」という意味での、単なる学問ではなく、社会を良くするための「実学」を学ぶことを説く福沢。そして、その実学で、社会を良くしていくために身を立てていくことこそ、「自由」で「独立」した近代的人間の生き方であると説く。封建社会の終わりの時代、近代的自我に芽生え、未来を創造する意欲に溢れた本書は、時代を経ても学ぶべき点が多い。

  • 天は人の上に人を作らないし、人の下に人を作らない
    しかし、現の世に上下や貴賎があるのは、凡ては学の有無による

    てなわけで学問をすすめる書き出しは有名ですが、やっぱりちょっとそれには偽善がある

    その人の成否は、その人の能力に因るところよりも性格に因るところが大きい、的なことを司馬遼太郎が言ってたけど、それは今日まで自省の言葉でありつづけてます

  • 初めて読んだ。
    現代では当たり前のことが書かれている(でも実践は今でも難しい)。でもこれを150年くらい前?に書いた諭吉先生は、やはり当時(明治維新直後)としては突出していたのは想像に難くない。
    今でも(今だから?)十分耐え得るないよう。

  • 2018/6

  • 2018/5/14-27読了

  • 本来高校生までに初読すべき書物だと思うが、そこは古典。おそらくどの年齢でも感ずべきところがある本でしょう。
    タイトルからして「勉強しろ」という趣旨かと思いきや、もっと広範囲な生き方指南論なので、未読の方にはお勧めします。
    面白かったのは、福沢諭吉ってかなり毒舌だということ。なんか斜に構えていて、予測される反論をバサバサと切るわ切るわ。ところどころ声を立てて笑ってしまいました。
    しかし、「人にして人を毛嫌いするなかれ」の一文で締めくくられてるのはグッときました。
    ユーモアの雰囲気を考えると原文で読む方が面白いでしょうが、難しければとりあえず現代語訳ででも読んでみてはいかがでしょうか?

  • 青空文庫か何かを通じて無料にて電子書籍で入手したのですが、読んでいたスマホの機種変更でデータがなくなり、そのままフェードアウトしてしまいました。
    福澤先生ごめんなさい。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【訳者】佐藤きむ:1932年弘前市生まれ。弘前大学教育学部卒、弘前大附属中学校で教壇に立ち、母校の助教授となる。その後、弘前大・弘前学院大などの非常勤講師。『ビギナーズ日本の思想 福沢諭吉「学問のすすめ」』(角川ソフィア文庫)などがある。

「2010年 『福翁百話 現代語訳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

学問のすすめのその他の作品

学問のすすめ オンデマンド (ペーパーバック) 学問のすすめ 福沢諭吉

福沢諭吉の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

学問のすすめを本棚に登録しているひと

ツイートする