日本料理の基礎観念 [Kindle]

  • 2012年9月14日発売
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (10ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美味しんぼだ。だしの取り方の文章も入ってた。

  • ■書名

    書名:日本料理の基礎観念
    著者:北大路 魯山人

    ■概要

    明治から昭和にかけて書、篆刻、陶芸、漆芸、画、食など多岐にわ
    たり活躍した芸術家、北大路魯山人による随筆。初出は「星岡」
    [星岡窯研究所、1933(昭和8)年]。料理人相手の講演。日本料
    理に対する心構えを説く。姿勢、材料の選定、勘の鍛錬、持ち味を
    殺さぬ大切さ、出汁、味の素、新鮮な野菜、新鮮に保つコツ、魚や
    鳥肉の扱い、食器、などなど。
    (From amazon)

    ■感想

    日本料理以外をバカにしすぎ。
    日本料理以外の全てを知って、こういう発言しているのかな?
    この本だけ読んだら、現存してたら、視野が狭い老害にしか思えない。

    内容も抽象的すぎる。
    良いこと言っていると思うのですが、料理以外も、基本的同じでは?
    と思う事も多々あります。

    ■気になった点

    ・料理とは食というものの理を料るという文字を書きますが、そこ
     に深い意味があるように思います。

    ・真に美味しい料理はどうも付焼刃では出来ません。隣りの奥さん
     がやられるからちょっとやってみようか、ではだめであります。
     心から好きで、味の分る舌を持たなくては、よい料理は出来ない
     のであります。

    ・自分の料理を他人に無理強いしてはなりません。相手をよく考慮
     して、あたかも医者が患者を診断して投薬するごとく、料理も相
     手に適するものでなくてはなりません。そこに苦心が要るのです。
     医者が患者の容態が判るように、料理をする者は、相手の嗜好を
     見分け、老若男女いずれにも、その要求が叶うようでなくてはな
     りません。

    ・もともと美味いものは、どうしても材料によるので、材料が悪け
     れば、どんな腕のある料理人だって、どうすることも出来ませ

    ・実際、料理といいますのは、好きでつくるというのでなくてはな
     りません。それが趣味であります。ただ知って美味くつくるとい
     う知識だけではなく、温かい愛情で楽しみながらやるという気持
     であります。だから、食器のことなども心がけることによって、
     美術の趣味を深くすることができます。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1883年、京都生まれ。陶芸家、画家、篆刻家、書家、料理研究家。おもな著作に『魯山人味道』『魯山人陶説』『魯山人書論』など。1959年没。

「2019年 『はればれ、お寿司 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本料理の基礎観念のその他の作品

日本料理の基礎観念 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 日本料理の基礎観念 (青空文庫POD(シニア版)) 北大路魯山人
日本料理の基礎観念 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 日本料理の基礎観念 (青空文庫POD(ポケット版)) 北大路魯山人
日本料理の基礎観念 (青空文庫POD(大活字版)) オンデマンド (ペーパーバック) 日本料理の基礎観念 (青空文庫POD(大活字版)) 北大路魯山人

北大路魯山人の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする