ねむい [Kindle]

  • 2012年9月14日発売
3.62
  • (1)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (12ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 名高い傑作。
    なぜか神西訳でチェーホフを読む事はあまりないのだが、確かにいいなぁ。名訳として愛されるだけのことはある。「いつやまるのかわからない。」とか。「やまる」って私の母は使うが、他であまり聞かない。

    まず内容以前に小説的に衝撃であるという事がわかるか否か、というところ。
    初期なのでオチが消失する前段階。オチはあるが、モラルが消失している。効果としては似ていて、読者は中で行われている事を判断する基準を失ったまま、放り出される。その不安と困惑。そこに安吾の云う「ふるさと」が立ち現れる。

    初めて読んだ時は放心状態になったが、何度読んでもやっぱり放心状態になる。黒人霊歌の歌詞を読むと、奴隷的状況にある人がどういう場所を求めるのかはっきりわかるのだけれども、ここにある安らぎもやはりそういうものなのだ。そう、これはやすらぎの文学なのかもしれない。
    やはり読めば読むほど浮かんでくるのはワーリカの聖性であるが、ではそれは何なのか、現世に対してそれはどういう意味を持っているのか、というと何とも答えようがない。

    (大江健三郎と沼野充義が本作について議論した、という雑誌記事があるらしく、検索したら出て来た。ふむふむ。沼野はワーリカを「残酷な天使」とあらわした。ブニュエルの映画タイトルみたいだね。)

  • 電車の中であまりにも眠くて「ねむい」と検索したら引っ掛かったので読んでみたらすごかった。ワーリカの辛い境遇に比べたら私なんて。。と思って読み進めて…最後はびっくりまさかの展開。。目が醒めましたΣ(゚Д゚)ほんとにやっちゃったのかどうなのか??チェーホフ初読みでしたけど面白かったのでまた読みたいです。

  • 短いけどテーマは重たく、心にずっしりくる作品です。

  • 「ねむい」とだけ書かれた表紙が面白いなあ、とふざけた気持ちで読み始めたところ、あまりにも重いストーリーに度肝を抜かれる。
    睡眠不足はなんとも恐ろしい…

  • 「ー」

    ページ数が少ないのですぐ読める。
    女の子は、とても眠い。そして、その眠りを妨げるものがなにか悟る。その時、彼女がとった行動とは。

  • 仕事と受験勉強に明け暮れて、ぜんぜん物語というものに癒されていなかったので、解放されたいま、ようやく読書しよう!!と
    わくわくして、てきとうに選んだのがこれ。
    「児童文学に癒される」という私のもくろみから全く外れたものを選んでしまった!Σ(T□T)
    青空文庫で児童文学に分類されてたんだけど、社会問題を取り上げた厳しい作品。

    ロシアの当時の時代背景とか詳しくは知らないけど、子供達も過酷な状況で生きなければならなかったのはわかる。
    「ロシアといえば、人形劇。ロシアといえば、マルシャーク」というような楽しむ気持ちで選んだのが間違いでしたね。

    しかし、私の求めていたような内容ではなかったが、読んでよかった。

    奴隷のように扱われているロシアの子の話が、
    なぜかしら日本の現代の介護の世界で起きる事件や、幼児虐待の問題を思い出させる。
    社会に強く訴えかけるストーリーだった。

    皆、ヘトヘトなのです。そして、ねむい。

全7件中 1 - 7件を表示

アントン・チェーホフの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする