濹東綺譚 [Kindle]

著者 : 永井荷風
  • 2012年9月14日発売
3.60
  • (3)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (66ページ)

濹東綺譚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実際に読んだのは昭和二十五年の六興社版

  • 感傷的で勝手な、わりと鼻持ちならないおじさんの語り。最初からそう思っていればそういうものですかねえくらいのスタンスでおもしろく聞ける。自分以外の人間を、近しい距離にあってすらまるで風物のように見ていて、無責任な分だけその視点からの女性の描かれ方は魅力的。

  • 美しい文章。入れ子構造。好みの小説でした。

  • 「濹東綺譚」(永井荷風)を読んだ。悲しいことに、この名作の素晴らしさを伝える術を私は持ち合わせていない。とにかく何度読んでもうち震える自分がいるのである。

  • 昭和のはじめの川向こう。街並みや人々の営みや風俗や話し言葉がとても興味深くおもしろく、知らない言葉や言い回しもたくさん出てきておもしろい。リズミカルな文章なので一見読みにくそうだけど全然そんなことないのがすごい。こういうの名文っていうんだとしみじみと実感。

  • 過ぎ去った日々への眼差しが小説になるのは、今の時代にはあまり無い気がする。

    極私的な感情を表す情景描写。

    懐かしさと愛おしさ。

全7件中 1 - 7件を表示

永井荷風の作品

濹東綺譚はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする