量刑相場 法の番人たちの暗黙ルール (幻冬舎新書) [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (190ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「自由刑の延長の終点は終身刑であり、死刑ではありません。」

    面白い。
    酒に酔った同僚の介護を途中でやめ死ぬと、保護責任者遺棄致死罪。
    不倫相手の家に行くと住居侵入罪。
    性病にかかっていると知りながら情交してうつしてしまうと傷害罪。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1959年東京都生まれ。東京大学法学部卒。東京地裁、大阪地裁などの裁判官を務め、現在は弁護士として活動。裁判官時代には、官民交流で、最高裁から民間企業に派遣され、1年間、三井住友海上火災保険に出向勤務した。著書に『司法殺人』(講談社)、『死刑と正義』(講談社現代新書)、『司法権力の内幕』(ちくま新書)、『教養としての冤罪論』(岩波書店)ほかがある。

「2015年 『虚構の法治国家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

量刑相場 法の番人たちの暗黙ルール (幻冬舎新書)のその他の作品

森炎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

量刑相場 法の番人たちの暗黙ルール (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする