浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか 仏教宗派の謎 (幻冬舎新書) [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (234ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・念仏信仰の始まりは、天台宗の円仁。
    ・天台宗の比叡山延暦寺は、現在の八坂神社、祇園社を支配していた。清水寺を支配していたのは、南都の興福寺。興福寺は大和の国、現在の奈良県のほとんどの土地を荘園として所有し、京の政治にも影響を及ぼしていた。延暦寺と興福寺は、調停や幕府と拮抗し、中世における権力を三分していた。
    ・天台宗には、天台本覚論という思想がある。その核心には、自然に存在する草木でさえ成仏できるとする「草木成仏」の考え方がある。
    ・浄土真宗の開祖親鸞の人生は伝説化されているほど劇的なものではない。
    ・浄土宗(法然)、浄土真宗(親鸞)、曹洞宗(道元)、臨済宗(栄西)、日蓮宗(日蓮)など鎌倉仏教と呼ばれる宗派が、教団として確固なかたまりを持つようになったのは、室町時代以降。
    ・浄土真宗の本願寺が世俗権力と密接な関係を持った背景には、代々の宗主が血縁によって受け継がれたことが英y効している。石山本願寺(現在の大阪城にあり)は信長と10年にわたり対立。顕如が石山本願寺を退いて、その後消失。その後本願寺は、西本願寺と東本願寺に別れる。江戸時代の東西本願寺は徳川家康と密接な関係を持ち、神仏習合の傾向も希薄であったため、明治期には廃物希釈の影響も受けなかった。
    ・武家出身者は、朝廷、公家と密接な関係を持つ南都六宗、天台宗や真言宗より、禅宗を好んだ。
    ・曹洞宗は、葬儀、法要という仏教が積極的に扱ってこなかった領域を開拓していった。鈴木正三、越後の良寛も曹洞宗。
    ・葬式で読まれるお経は宗派によって違う。般若心経を読むのは、天台宗、真言宗、臨済宗、曹洞宗に限られ、浄土宗や浄土真宗、日蓮宗では基本的に読まれない。
    ・徳川家が庇護した影響で、浄土宗の寺院の檀家には吉田茂首相、池田勇人首相など有力者が多い。一方、都市の庶民層に人気があった日蓮宗には、作家や芸能人、プロレス選手の信者が多い。芥川龍之介、井上靖、美空ひばり、夏目雅子、力道山、ジャイアント馬場、美輪明宏など。
    ・他力本願とは、他人の力をあてにすることという意味でつかわれることが多いが,浄土真宗ではそうした解釈を取らない。他力は仏や菩薩の加護の力を指す。

  • 「親鸞」を読んで、仏教をもう少し知りたなと思い本書を購入。各宗派の歴史的成り立ちを思ったより詳細に書かれている。仏教が日本の思想哲学の根底に横たわっているのを再確認。

全3件中 1 - 3件を表示

浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか 仏教宗派の謎 (幻冬舎新書)のその他の作品

島田裕巳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか 仏教宗派の謎 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする