死ぬのは奴らだ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

監督 : ガイ・ハミルトン 
出演 : ロジャー・ムーア  ヤフェット・コットー  ジェーン・シーモア 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012年11月23日発売)
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142917720

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロジャームーアが亡くなったので、007を観ようと思う。
    ムーア時代はほとんど観てなくて、観たのは2作目の『黄金銃を持つ男』のみ。007じゃないけど、ムーアの出る『ワイルドギース』は最高な映画でした。
    とりあえず1作目の『死ぬのは奴らだ』。『死ぬのは奴らだ』と『黄金銃を持つ男』はまあセットというか。

    どちらもコメディタッチなんだけど、『黄金銃』の方がヒドいというか、よりコメディだったと思う。
    『死ぬのは奴らだ』の方はちゃんと面白かったです。

    というのは、これ敵が黒人の組織だから、所謂ブラックスプロイテーションが入ってるんですよね。1973年公開だから、時期的にもそうで。舞台となる場所も、ハーレムとニューオーリンズとカリブ海の島だし。

    ブードゥー(ゾンビ)と、キューバ危機以降の冷戦と、麻薬組織とっていう要素がストーリーに織り込まれてて面白い。

    アクション映画も好きなので、けっこう真面目に観てるつもりだけど…
    アクション映画史をおさらいすると、『北北西に進路を取れ』('59)〜『シャレード』('63)、でカーアクションだと『ブリット』('68)〜『フレンチコネクション』('71)〜『ブルースブラザーズ』('80)だけど、『死ぬのは奴らだ』('73)はここの間にスポッと収まる、すごく良いカーアクション映画としても楽しめます。セスナやボートアクションも最高だし。
    『黄金銃を持つ男』も、カーアクションだと面白いシーンあるけどね。

    ボンドカーは特にないけど、カーアクションの面では最高なのと、その分ロレックスや他の装備が大活躍するからよかったです。

  • 磁気時計そういう使い方しちゃうんだ!っていう

  • これ以前の作品はわりとかためなんだけど、警官が入ったことで急にコメディっぽく

全3件中 1 - 3件を表示

死ぬのは奴らだ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする