日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日 [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
4.23
  • (52)
  • (47)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 413
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (322ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏休み、「読みたいリスト」のうちの一冊「日本のいちばん長い日」を、終戦記念日の8月15日から読み始め、やっと今朝読了した。

    考えてみれば、8月15日の終戦記念日といっても、特に「戦争」や「平和」ということについて考えてみることもなく、毎年「暑さよ、早く通りこしてくれ」と思う程度の一日を過ごしてきた。直前の8月6日や8月9日の広島、長崎に投下された原爆の記念日の式典の模様を伝えるニュースを見て、戦争があったことを少し意識する程度の毎年であった。

    この本については、数年前(2015年)に二度目の映画化で話題になっており、「本は読んでいないけど映画は観た」という知人は何人かいた。陸軍大臣が役所広司、昭和天皇を本木雅弘が演じた話題作だ。

    自分は映画も観ていないが、観るなら本を読んでからの方がいいだろうなと思った。もちろん映画だけでも、この日本でいちばん長かった一日の歴史を知る意義は深いと思う。

    本書は「決定版」として1995年に初版の内容を補追されて出版されたもので、初版はその30年前に出版されている。30年前の初版が出されたときにも、第一回目の映画化がなされており、このときは陸軍大臣を三船敏郎が、時の総理大臣・鈴木貫太郎を笠智衆が演じたというから歴史を感じる。

    歴史探偵と自らを名乗る著者半藤利一氏は、この昭和の謎解きに特に注力されており、初版以降の探究の成果をこの決定版に反映し、より真実性の高いものへと仕上げられたようだ。

    副題に「運命の八月十五日」とある。8月14日正午から8月15日の正午までの24時間にこれだけの緊迫した展開があり、運命の8月15日を迎えたことを知って、まさに「日本でいちばん長い」という形容は間違いではないと感じた。

    「敗戦」と一言で片づけることはできない。よくドラマで使われる天皇陛下の玉音放送、あれで日本国民は敗戦の事実を知ったのだけれども、あの玉音放送がなされるまでに、日本の運命を左右する様々な出来事が次々とこの24時間の間に起こっていたとは、この本を読むまでは知ることはなかった。

    歴史に「もし」を語るのはナンセンスかもしれないが、運命のいたずらで、一つひとつの出来事に微妙な時間的ずれが生じていたら、一人の人物の心が微妙に変化していたら、あの8月15日の終戦はなかったかもしれない、あの玉音放送はされなかったかもしれない、そんな鬼気迫るドラマがあったということを詳細に知ることができた。

    神格化された天皇。その昭和天皇こそが、もっとも人間的であった。すでに事実上の敗戦が確定し、もはやこれ以上戦争を続け、無垢な人々の命を奪うことに、人間・天皇にとって強烈な罪悪感を感じられていたのだと想像する。

    二発の原爆でそれは決定的となり、天皇は聖断を下した。天皇の決定は絶対である。

    にもかかわらずその聖断が、実際にあの玉音放送として実現するまでには、それを妨げようとする様々な出来事が次々と起こる。まるで国家の運命を翻弄する魔の力が働いているかのように。

    鬼気迫る24時間のドキュメンタリー、これがフィクションでなく、ノンフィクションであるところが読者の心を完全に奪う。

    この本は、今後も読み継がれていくべき本であると思う。

  • 20歳という節目の年に、戦後70周年ということで、また、映画化されるということで読んでみた。初代首相から現在の首相まで覚えたから、終戦時の首相は知っていた。
    だが私の周りにはどの程度の人が鈴木貫太郎という人物を知っているのか定かではない。
    きっと少ないだろうと思う。学校の授業ではそこまで深くは勉強しないし( そもそも学校で教わる歴史は受験勉強に必要な歴史でしかないと思う ) 、自分で知ろうと思わなければ知らないことだと思う。
    戦時中を生きた人が居なくなりつつあり、忘れられた記憶になろうとしつつある今だからこそ、リメイクされて映画化される価値があると私は思う。
    鈴木貫太郎と阿南陸相、それから昭和天皇。この3人があの時あの瞬間、揃ったからこそ終戦という決断が生まれたということを知れてよかった。

  • 終戦間際の玉音放送の準備が進められている横で、陸軍の青年将校たちがクーデターを実行しようとしていたなんて全然知らなかった。昭和天皇が吹き込んだ録音盤が奪われる寸前だったとか。
    いろんなタイミングや歯車で、無事に玉音放送を迎えられて、そして日本は(問題はあったかもしれないが)戦後をこのような形で歩み始めることができたわけで、それが当然のように考えていた。もしあの時の誰かの動きが少しでも違っていたら、何かのタイミングがずれていたら、玉音放送は幻に終わって、鈴木内閣は倒されて軍事政権樹立して、米英は日本がまだ抗戦するつもりでいると考えて本土決戦が始まり、みたいな最悪(最悪っていうのも相対的だが)の事態に陥っていたかもしれないと思うと、あれこれ綱渡り、危機的状況だったんだと思った。戦争終わらせるのもいろんな人の思いがあるから大変だったんだ。。
    しかし、人の名前と役職名(軍の階位?)が次々出てくるので、読みにくかったといえば読みにくかった。。

  • 玉音放送の前24時間の間に起こった皇居占拠クーデタなどを時系列でたどる記録。現代史としては「反乱を試みたものもあったが速やかに鎮圧された。」くらいで終わる事件だとしても、まかり間違えば歴史に大きな影響を与える可能性があったこと、そして、そのような事件があったこと自体自分が認識していなかったことを痛感。

  • Audible。挫折。注が多いものは聞き辛い。タイトルからして仕方ないが、詳細な話が多く正直ダレる。もちろん、たくさん面白いところ、日本人として知るべきことはある。とはいえ、(紙で読んだが)昭和史の方が面白かった。

  • プロローグとエピローグを除けば昭和二十年八月十四日正午から翌日の八月十五日正午までの物語。
    とても読み応えがあります。

    今年は特別に8月10日から15日の間だけ、東京都千代田区の国立公文書館において「終戦の詔書」の原本が公開される。

    この「日本のいちばん長い日」の154ページから155ページにかけて詔書の完成形について記されているが、そのような細かい部分も見れるのは貴重だと思う。
    出来れば見に行きたい。

    「国立公文書館」
    http://www.archives.go.jp/
    平成27年度 第2回企画展「昭和20年 -戦後70年の原点-」

    日本経済新聞「昭和20年、公文書でたどる 国立公文書館の企画展示始まる」
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24HBF_V20C15A7CC0000/

    文芸春秋
    http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167483159

  • 2019.08.16読了

  • 2015年晩の映画
    阿南惟幾(陸軍大臣) - 役所広司
    昭和天皇 - 本木雅弘
    鈴木貫太郎(内閣総理大臣) - 山崎努
    迫水久常(内閣書記官長) - 堤真一
    畑中健二(陸軍少佐、軍務課員) - 松坂桃李
    を見てから読んだ。
    なんとも感想の書けない読後感だった。

  • 一見非常に困難に見えた日本終戦の決断が、昭和天皇を含む何人かの強い意志と彼等を直向きに支えようとする人々によってなされたことを丁寧に描いた一冊。
    彼等の疲労感、達成感、そして虚無感を少しでも感じられただろうかと思う。

  • 本書は、日本がポツダム宣言を受理し、無条件降伏を表明する最後の一日までのドラマである。昭和天皇、鈴木貫太郎、阿南惟幾ら、偉大な先人の苦悩の日々を垣間見れるドキュメンタリーである。日本人なら本書を読み、日本人の偉大さ、一方では阿南を生み出した陸軍の稚拙さをその脳に刻むべきだろう。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

半藤 一利(はんどう かずとし)
1930年、東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、文藝春秋新社に入社。編集者として活動しながら匿名記事も記す。1965年に大宅壮一の名義を借りて『日本のいちばん長い日』を執筆、発行。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』編集長を歴任。1995年に文藝春秋を退社してから作家・評論活動専任となる。
1993年『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞、1998年『ノモンハンの夏』で山本七平賞、2006年『昭和史』で毎日出版文化賞特別賞をそれぞれ受賞。2009年の語りおろし『昭和史 1926-1945』『昭和史 戦後篇 1945-1989』はベストセラーとなった。
妻の半藤末利子は、松岡譲と、夏目漱石の長女・筆子の四女で、夏目漱石が義祖父にあたる。

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日のその他の作品

半藤一利の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日を本棚に登録しているひと

ツイートする