日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日 [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
4.23
  • (52)
  • (47)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 408
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (322ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プロローグとエピローグを除けば昭和二十年八月十四日正午から翌日の八月十五日正午までの物語。
    とても読み応えがあります。

    今年は特別に8月10日から15日の間だけ、東京都千代田区の国立公文書館において「終戦の詔書」の原本が公開される。

    この「日本のいちばん長い日」の154ページから155ページにかけて詔書の完成形について記されているが、そのような細かい部分も見れるのは貴重だと思う。
    出来れば見に行きたい。

    「国立公文書館」
    http://www.archives.go.jp/
    平成27年度 第2回企画展「昭和20年 -戦後70年の原点-」

    日本経済新聞「昭和20年、公文書でたどる 国立公文書館の企画展示始まる」
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24HBF_V20C15A7CC0000/

    文芸春秋
    http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167483159

  • 2019.08.16読了

  • 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

  • 20160811。昭和天皇、鈴木貫太郎首相、阿南惟幾陸相が戦争終結に向けて動いた。でも遅い!

  • 初版から30年。今回の決定版にて新たな事実が加わる。終戦を決めるその日その瞬間を一時間ごとの時系列で描写。この綿密な取材力が名作と呼ばれる所以なのであろう。
    当時の緊迫した様子が手に取るように伝わる。当たり前だが当事者たちの思いというのは今の我々には到底考えもつかない事だ。大変だったんだろう。その程度しか言えない私達世代は恵まれている。戦後日本を支えてくれた先代達の英断(遅過ぎではあるが)に敬意を持ってこれからも生き抜こう。

  • ちょうどブラームスの交響曲3番の第3楽章を聞いている時に最終章を読み終えて、何かこう、ぴたりとはまった感があった。

  • 丁寧な調査に基づく終戦時の記録。終戦というよりも、敗戦の選択決断ともいえるもか。数多の映画、ドラマの原作でもあるので、既知の事実も多いが、また、数々の証言が故人を英雄視する作用がはたらいているとしても、多くの人々が思慮深く生きていることをみる重みがある。歴史の事実はたった一つではあるが。

  • 玉音放送が無事に流れるまでの、たった一日の出来事が1冊の本になるんだからすごい。これはこれでとても興味深かったし、事実は小説よりも・・・というわけで読み物としても面白い。でもさ、この日だけじゃないんだよね。ここに出てくる人たちだけじゃないし。なんでこんなことになるまでになっちゃったのか、まだまだ知らなくてはならないことがいっぱいあるよね。

  • Kindleにて特価だったため購入、再読。
    遅きに失したといわれる終戦だが、8/15に終わらせるのも一苦労であったという昭和史の1ページ。
    酷暑の中で読んで先人たちの勇気と暴挙に思いを馳せるのが吉。

著者プロフィール

半藤 一利(はんどう かずとし)
1930年、東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、文藝春秋新社に入社。編集者として活動しながら匿名記事も記す。1965年に大宅壮一の名義を借りて『日本のいちばん長い日』を執筆、発行。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』編集長を歴任。1995年に文藝春秋を退社してから作家・評論活動専任となる。
1993年『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞、1998年『ノモンハンの夏』で山本七平賞、2006年『昭和史』で毎日出版文化賞特別賞をそれぞれ受賞。2009年の語りおろし『昭和史 1926-1945』『昭和史 戦後篇 1945-1989』はベストセラーとなった。
妻の半藤末利子は、松岡譲と、夏目漱石の長女・筆子の四女で、夏目漱石が義祖父にあたる。

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日のその他の作品

半藤一利の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする