陰陽師 付喪神(つくもがみ)ノ巻 (文春文庫) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
4.29
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (348ページ)

作品紹介・あらすじ

丑の刻、貴船神社に夜毎現われる白装束の女が鬼となって、自分を捨てた男を取り殺そうとする。そんな男の窮地を救うため、安倍晴明と源博雅が目にしたものは!?女の悲しい性を描いた「鉄輪」他、全七篇。百鬼夜行の平安時代。魍魎たちに立ち向かう若き晴明と博雅の胸のすく活躍、魅惑の伝奇ロマンシリーズ第三弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「陰陽師 付喪神ノ巻」(夢枕 獏)[電子書籍版]を読んだ。いいね。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2019年 『キマイラ20 曼陀羅変』 で使われていた紹介文から引用しています。」

陰陽師 付喪神(つくもがみ)ノ巻 (文春文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする