麦屋町昼下がり (文春文庫) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (318ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者らしい読後感のある短編集。時代小説好きなら分かるよね。
    これぞ藤沢周平って。

  • 剣豪短編集…でしょうか?
    一瞬、さっき読んでいたものの続きかと思うほど設定が似通っていたけど、どれも独立した小品でした。
    胸がすく剣豪ものでキッチリとした結末までは書き切っていないけど、大団円の含みを持たせる痛快活劇。
    安心の藤沢ワールドでした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

藤沢 周平(ふじさわ しゅうへい、1927年(昭和2年)12月26日 - 1997年(平成9年)1月26日)
日本の小説家。山形県鶴岡市出身。江戸時代を舞台に、庶民や下級武士の哀歓を描いた時代小説作品を多く残した。代表作として『暗殺の年輪』『たそがれ清兵衛』『海鳴り』『白き瓶』『蝉しぐれ』など。
1971年「溟い海」で第38回「オール讀物」新人賞、1973年「暗殺の年輪」で第69回直木賞、1986年「白き瓶」で第20回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。ほか、菊池寛賞、朝日賞、東京都文化賞を受賞。紫綬褒章を授与されている。選考委員として、オール讀物新人賞、直木賞、山本周五郎賞にも関わった。
映画化された作品も多数あり、特にヒット作としては「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」「蝉しぐれ」「武士の一分」。2010年4月29日、出身地の鶴岡市に「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館した。

麦屋町昼下がり (文春文庫)のその他の作品

麦屋町昼下がり 単行本 麦屋町昼下がり 藤沢周平

藤沢周平の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする