わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) [Kindle]

  • 早川書房
4.11
  • (73)
  • (60)
  • (32)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 761
感想 : 74
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (395ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1996年頃のドローン羊ドリーを思い出した。
    作品は2005年でドラマ化され、ちょっとだけ気になり、読んでみた。
    クローンの経緯は一切語られず、謎のままです。
    臓器提供クローン人と、支える介護クローン人の物語。

    タイトルの付け方、歌のワンシーンは上手いなと思った。
    日本人だと「little baby」でも小さい赤ちゃんと思うよね。

    人間らしさの表現で性的な表現もされている。
    なんとなく、アンネの日記を思い出した。

  • イギリスのヘールシャム地方で友人たちと青春時代を過ごした女性キャシー。彼女が語る過去は、ちょっと訳アリっぽい。

    「介護人」、「提供者」、「保護者」と呼ばれる人々が何人も登場するが、どんな職業なのか、詳しい説明はない。また、キャシーたち学生は寮で集団生活をしているのだが、その学生生活もなにか妙だ。彼らはどこから来たのか、卒業してどこへ去っていくのか。やたらとセックスと死が身近なのも気にかかる。

    なんとなく不穏で違和感だらけ。そんな感想を持ちながら、読み進めていけば、隠されたテーマにはなんとなく想像がつく。

    が、本作品のジャンルをSFミステリーとするにはちょっと違う。また、人類の未来と奢りを描いた社会派小説でもないし、もちろん若者の友情と恋愛を描いた青春小説でもない。

    作品ごとに全く違うジャンルに挑み続けるノーベル賞作家の新しい作品としか説明できない。これこそがカズオ・イシグロっぽさだ。

  • 不完全ながらも完結した世界で生きる子供たち。無垢で幼く、それが時に痛々しく思えもした。
    そういった純真な少年少女が育っている施設での青春が現実感を持って描かれる。
    序盤からそこはかとなく、破滅の色は見えていたけれど、こういった秘密があるとは…。ホラーではないけれど、今まで読んだ本の中で、もしかしたら一番怖い物語かもしれない。
    あらかじめ失われることが分かっている世界でどうしてこんなにも淡々と語ることが出来るのか。
    主人公の、ひいては作者の精神力に畏敬を抱いた。
    ロストコーナーのくだりは読み終えた後も強く心に残る。

  • とても面白かった。登場人物たちが子供の頃は無意識に、大きくなってからは自らの役割として淡々と己の境遇を受け入れているという世界たリアル。これ少年漫画だったら自己主張を声高に叫び自由を求め制度と戦うとこだよ。あと生殖ってやはり生物としての骨幹だなと感じました。

  • 主人公キャシーによって、なんでもない学校の日常が淡々と語られていく。ただそれだけで、起伏が無いなあ、と思っていたら突然出てくる「提供者」「ポシブル」という耳慣れない言葉。気になりながらも、なかなか全体像が現れて来ず、ようやく最終章で、ヘールシャムの生徒たちは臓器を提供するためのクローン人間であることが(そうだと明示されてはいないけど)理解できる。
    途中、じれったく思いながら読み進めたが、この物語は主人公がヘールシャムの出身者で語られ、最後の最後まで全体像を語らないことに意味があるのだ、と感想を抱いた。ヘールシャムの生徒達は結局は臓器を提供する提供者であり、結婚をして家庭を持ったり、提供者・介護者以外の仕事に就くといったことはない。生まれた時から可能性は閉ざされており、だからこそキャシーはその事実を嘆くこともない。そしてヘールシャムの教師たちは、時に生徒たちに向き合うことができず去っていく。こう書くと閉塞感しか見えないが、作中の登場人物は感情豊かに活動し、笑い、怒り、悲しむ。将来は提供者しかないが、その運命も彼らにとっては人生の一部で、いたずらに嘆かないといけないものではない。

    もしクローンができて、作中の提供者というシステムができたらどうなるのか、という思考実験にも見える。しかし私は、この物語は現在進行形で起こっていると考えている。例えば、チョコレートを食べるためにはカカオが必要だけど、そのカカオは児童労働によって栽培・収穫されていること、携帯電話を作るために、アフリカで紛争が起きていること。
    作中には提供を受ける人々がどんな様子なのか、どんな考えを持っているのかは書かれていないが、今、私達がチョコレートを食べて携帯電話を利用しながら、児童労働や紛争についてどれくらい意識的か考えると、だいたい想像はついてしまう。問題意識を持っている人は居るけど、大半は意識をしていない。意識しないで済むような仕組みが構築されてしまっている。

    本書は2回読むことを勧める。全てがわかった後で見えるキャシーの語り口は、何かどうしても悲しいものを感じてしまい、1回目と同様に読めなかった。

  • 「表現を記録として残すこと」が人間らしさだと思われてたのかしら。

    サッカーでゴールを決めて得意になること、マグカップにお茶を入れて夜中に2人で話すことは人間らしさではなかったのかな。

    動物の身体の一部が金属になっている絵を描くことは、主人公たちの境遇を表現しているようだった。
    金属は取替えできるし、人間らしさから遠いもののはずだけど。

    テレビ番組でAIが大喜利を作っているのを見たけれど、AIは人間じゃないんだよね。

  • 最初からずっと一抹の物悲しさがあって、それが払拭されることはなかった。

  • 自分が小学生の時のことを思い出す。子供の特権というのは、やはり何にでもなれる(事実とは反するにしても)という期待感を持てることであって、自分が提供者になることを約束されていると知ったら、生きるのが嫌になりそう。与えられた運命や環境の中で、楽しく生きようと努力することが大事なのかな。

    p410
    将来に何が待ち受けているかを知って、どうして一所懸命になれます?無意味だと言いはじめたでしょう

  • 元々ドラマを見たことがあって大まかな内容は知っていたが、小説で読んでみるとあの独特な雰囲気が蘇ってきた。生徒たちは悲しむわけでもなく、ショックを受けるわけでもなくなんとなく自分の将来を知っていて、彼らを同情するには違うと思った。先生が生徒に対して恐怖心を持っていながら育てるのも胸が痛んだ。

  • 少年少女のエピソード自体は自分の少女期にも心当たりがあるような他愛もない出来事が続く。しかし散りばめられた疑問がどういう意味なのか、どんな環境でどんな未来が待ち受けているのかドキドキしながら読む。途中、ああそういうことなのかという部分では悲しいような納得するような不思議な気持ちになる。

全74件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

カズオ・イシグロ
1954年11月8日、長崎県長崎市生まれ。5歳のときに父の仕事の関係で日本を離れて帰化、現在は日系イギリス人としてロンドンに住む(日本語は聴き取ることはある程度可能だが、ほとんど話すことができない)。
ケント大学卒業後、イースト・アングリア大学大学院創作学科に進学。批評家・作家のマルカム・ブラッドリの指導を受ける。
1982年のデビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年『浮世の画家』でウィットブレッド賞、1989年『日の名残り』でブッカー賞を受賞し、これが代表作に挙げられる。映画化もされたもう一つの代表作、2005年『わたしを離さないで』は、Time誌において文学史上のオールタイムベスト100に選ばれ、日本では「キノベス!」1位を受賞。2015年発行の『忘れられた巨人』が最新作。
2017年、ノーベル文学賞を受賞。受賞理由は、「偉大な感情の力をもつ諸小説作において、世界と繋がっているわたしたちの感覚が幻想的なものでしかないという、その奥底を明らかにした」。

カズオ・イシグロの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
伊藤 計劃
ヴィクトール・E...
村上 春樹
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×