アクロイド殺し (クリスティー文庫) [Kindle]

制作 : 羽田 詩津子 
  • 早川書房
4.22
  • (23)
  • (25)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 169
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (445ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「アクロイド殺し」(アガサ・クリスティー )[電子書籍版]を読んだ。最初にこれ(当時は「アクロイド殺人事件」だった)を読んでからもうすでに40年以上の歳月が流れたんだなぁ。(遠い目をしてるなう)
    語り継がれるべき名作だね。
    埃を払い黴臭さを取り去った羽田詩津子さんの訳もいいな。

  • 三谷幸喜版、黒井戸殺し放送の前後で。ドラマと小説の相乗効果で二倍以上に楽しめた!

  • 今さら『アクロイド殺し』?と思われるでしょうが、私は今までちゃんと読んだことがありませんでした。

    なぜかと言えば、中学生時代に犯人を知ってしまったからです。普段はミステリーなんて小バカにしていた国語の教師が、唯一この小説の犯人には驚いた、と言っていたので、書店で結末だけ立ち読みしてしまったのでした。

    犯人を知っていても、いえ、逆に知っているからこそ、最初からクリスティが張り巡らせた伏線がわかったり、これはレッド・ヘリングだなと気づいたり、結構楽しめます。

    登場人物は皆怪しく、男性は変人ばかりで女性は揃いも揃ってイヤな女ばかり。クリスティの筆が冴えます。

    また日本のテレビでドラマ化されるようで、アクロイドならぬ『黒井戸殺し』だそうです。

  • ミステリーの王道を行くクリスティーの代表作。トリックとストーリー性にひかれ、急かされるように読み進めました。犯人を知ってからもう一度読むと、新たな気づきに出会えてより面白いかもしれません。

  • クリスティ作品は今までマープルを中心に読んだことはあったけど、先日スタイルズ荘の怪事件を読むまではポアロは全く読んだことがなかった。なのでこれも全くの予備知識なしで読み始めた。 3分の2ほどまで進んだくらいで、もしかしてこの人が犯人?と思ったが、いやいや、そんなはずないだろうと打ち消しながら読んだので解決部分はとても衝撃的だった。やはり名作と言われる本はそれだけの理由があるのだと納得。 ポアロが友人のヘイスティングズについて何度も言及するのがちょっと面白かった。

  • 数あるクリスティ作品の中でも、是非読むべき一冊、どんでん返しありと聞いていた。
    ヘイスティング大尉がいなくなった代わりに、シェパード医師が語り手を務める。ポワロは彼の隣に偶然引っ越してきたのだった。このまま新たな相棒になるのかな?と期待しつつも、どんでん返しと言うから、もしかして語り手が犯人?と途中から疑い始めた。レコーダーが手がかりだったとは! でも、自殺した夫人を脅迫する動機がいまひとつわからないんだよなぁ。お金にも困ってたわけじゃなさそうだし。あのキャラの濃いお姉さん、かわいそだな...
    本筋とは関係ないけど、当時のイギリスで麻雀が広まっていたとは知らず、新鮮な驚きでした。

  • 話題というか論争を読んだ真犯人
    これも読む前から知ってた

    もともと謎解きをしながら、自分なりの解答を持たないと解決編を読まないというようなミステリファンではないのだが…
    うーん、これを全然知らないで読むとどう思ったんだろうなあとは考える

    だけど、そういう辺知らないなら、この小説を買ったかどうかも怪しいので…

  • 面白かった。
    なるほど、こういう仕掛けか〜

  • やられたー。と、思いました。
    そんなの、反則ではないか!?と思ったけど、よくよく読んでみれば、必要なことを書いていなかっただけで、嘘は書いてない訳で。
    そして、故意に隠された部分を抜きにしても、充分真相にたどり着く手掛かりは残してあるところがさすがです。
    読者側の思い込みによる思考の盲点をついたトリックだと感じました。
    思い返すと、違和感を感じる部分があったにも関わらず、最後の最後の方までそれに気付かずに読み進めてしまったのことよよよ。
    彼が編み上げ靴を履いているということに気付いて、ようやく違和感を感じた部分のピースがしっくりはまってきて、「あー。この人が犯人か!」とわかった時のささやかな満足感。
    しかし。まったくしてやられたなと。
    やはり、クリスティーは面白いのでした。

    ちなみに、今、某局でデヴィット・スーシェ演じるポアロのドラマが放映されてまして。それがきっかけで手に取った一冊なのですが。熊倉さんの声が、ずっと脳内で再生されてました。(笑)

全21件中 1 - 10件を表示

アクロイド殺し (クリスティー文庫)のその他の作品

アガサ・クリスティーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アーサー C ク...
アンディ ウィア...
ジェイムズ・P・...
アガサ・クリステ...
ジェイムズ・P・...
アガサ・クリステ...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

アクロイド殺し (クリスティー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする