オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫) [Kindle]

  • 早川書房
3.99
  • (32)
  • (48)
  • (31)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 519
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (413ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山本やよいさんの訳ということで、勇んで読んだ。V・I・ウォーショースキーシリーズなど、ミステリの良訳をたくさん送り出しておられる方なので、どうなるか楽しみだったのだ。また、表紙もこのタイトルにぴったりで、私としてはお気に入り…。

    さて。結果から言ってしまえば、旧訳に比べると、随分すっきりしたし、読みやすくなった。高校・大学あたりでクリスティを読もうとしたが、何度挑戦しても中断してしまう。面白いと思えない。ハラハラしないのだ。この作品もそう。ミステリファンのくせに、ちゃんと読んでいない。ケネス・ブラナーさんがポワロを演じた映画が、すごく良かったので、ちゃんと読みたくて手にした。

    うーん。今回もまた、読みきれなかった。最初の尋問をポワロが一通りしているあたりで、やっぱりいいかなと本を置いてしまった。別に作品や訳が悪いのではないと思う。私の側が、「こんなにページ数を使って、まだカセッティの正体が判明して、赤いガウンの女を探しているのか…うーん。」となってしまって。舞台が魅力的なのに、豪華列車の中というのがときめくような描写も少ないし、非常に淡々としている。

    私が読み慣れているミステリは、もっと展開も活動的だから、この淡々とした感じにテンポが合わないのかもしれない。細かい生活や場面の描写も、細密にある方が好きだし、つい映画の豪華さを求めてしまうのがいけないのかもしれない。作品成立の時期は、今よりもっと上品な表現が主流だったろうし、お話にも訳した方にも責任はない。ついていけない自分が、とても悔しくて残念だ。

    『ナイルに死す』も、映画だと楽しいのだろうなあ。楽しみだもの。それにしても、なんとかクリスティと親しくなる方法はないものか。アプローチの仕方を変えて、映画を見たのは悪くなかったが、そこで止まっちゃ意味がない。ハヤカワから出ている『アガサ・クリスティー完全攻略』を買って積読にしているが、あっちから先に読むか…はたまたAudibleで耳から読んでみたら面白いのか…どうしたら良いんだろう…。誰か良いお知恵を貸して下さいませんか。

  • 読みやすく、インパクトがあり、粋な結末がある。文句なしの名作です。

    https://www.kakimemo.com/book-report-agatha-christie-murder-on-the-orient-express/

  • あまりにも有名なお話で、映画にもなったクリスティーの名作。あくまでも、物証は車内から出るがポアロの脳内で変換された推理のみで、容疑者は誰も自白しない。
    この計画的犯行トリックは東野圭吾の容疑者Xの献身に近く、そもそもアリバイ偽装を時間軸で変えるものであった…。

  • これぞ名作。やっぱり海外モノは名前がスッと頭に残らないのでメモしながら読みましたが。

  • さすが名作というだけある。事件が起こった状況を考えるとそれしかないだろうと思いつつも、その大ネタを描ききった筆力は素晴らしいという他ない。アメリカでの誘拐殺人事件であるリンドバーグ事件をモデルにしており、正義のあり方を問う結末になっている。ポアロは2つの解決法を提示しているが、フィクションならでは解決法とも言えるだろう。

  • 【Entertainment】オリエント急行の殺人 / 20210222 / アガサ・クリスティー / (22/862)/ <413/138695>
    ◆きっかけ
    いつか読んでみたかった

    ◆感想
    単なる殺人犯が誰かの謎解きだけではなく、謎解きの結果を読者に考えさせる余白があり楽しかった。長年愛読されている訳が分かる。。。おもしろかった。

    ◆引用

  • ネタバレになってしまうが、登場人物の大多数が殺人犯だと言うこと、そしてそれを見抜く名探偵ポワロにも驚愕させられた。

  • アガサ・クリスティを読むのは「そして誰もいなくなった」に続き2冊目。しかも読んだのは10年ぐらい前で、とても難解で読みづらかった記憶があるので、今回も少し構えながら、読んだが、思いの外読みやすく最後まで期待を持って読むことができた。最初自分なりに推理しようとして望んだが、複雑すぎてすぐに断念。それで正解だった。この結末にはたどり着けないだろう。ちょっと掟破りな気もするが。
    しかし物語の真相や、結末は粋で良かった。

  • イギリス文学、ミステリー作品。

  • 衝撃的な展開でではあるし、読み進めたいと感じる面白さは強かったが、独語の満足感はまずまず。どちらかというと映画で見たい
    進んでいく物語間の前後の因果関係が希薄で、違和感が結構あった

全33件中 1 - 10件を表示

アガサ・クリスティーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三浦 しをん
米澤 穂信
宮部みゆき
アガサ・クリステ...
有効な右矢印 無効な右矢印

オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×