ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025> [Kindle]

  • プレジデント社
3.83
  • (43)
  • (55)
  • (46)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 716
感想 : 63
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (430ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【文章】
    とても読みやすい
    【ハマり】
     ★★★・・
    【気付き】
     ★★・・・

    2025年の働き方を考察した本。

    大量消費の時代を終えて、働く目的が「消費するため」から「創造するため」に切り替わる。

    本が発行されてから、ちょうど10年たった2022年現在、
    場所を選ばない働き方は、日本でもだいぶ浸透してきたが、もしコロナが無かったら日本では浸透していなかったのではないかと思う。

  • ※2021.9.16購入@amazon、kindle版

  • いや、まじリアルすぎる。
    仕事と遊びの境界をなくすこと。
    自分も会社でも求めていることである。
    が、その思想に到達するには、なかなか思考力が問われるものだ。
    未来は新たなイノベーションが待っているという明るい風の論調で書いてあるが、いやはや逆に言えば、イノベーション思考が出来なければ、”未来はない”と言われているに等しい。
    様々な著者が述べている”知価”が上がれば上がるほど、学ばない人間と格差が拡大する一方なのだろう。
    はぁ怖い怖い。ただただ、学ぶのみ。

    それから”遊び”の定義はとても良い気づきとなった。
    カリヨンツリーのようなワークスタイル。理想的でとても納得できる。が、しかし、知力や技能が問われる。好きな時間、時期で仕事を選べるぐらいの技能がなければ成立しない。ここが正に本書で専門性が問われる所以なのだろう。正直、学ぶ習慣がある人が、どれほどいるであろう?学ぶ習慣があっても、とんがった技能をもった人がどれほどいるであろう。やはり、未来の報酬格差は飛躍的に広がるであろうことが想像される。終盤に書いてあるように金銭が仕事の価値という古い観念から逸脱せねば、非常に悲観的な将来になるのだろう。低収入層の不平不満はどれほど鬱積するであろう?飛躍しすぎかもしれないが、治安が悪化する要因になると感じられる。
    「限界効用の逓減」 これに感銘を受けた。
    お金は増えれば増えるほど、価値を感じなくなる。
    技能や友達は増えれば増えるほど、新たな喜びが増す。
    仕事は金じゃない!っという軸とした様々な考えがあったんだけれども、この言葉でまとめてもらえた。今後ももう少し確信をもって仕事は金じゃない!っといえそうだ。
    うん。素晴らしい本だったな。


    ばらけていた仕事の本質に対しての考え方が、とても整理された。序盤は正直、リアルすぎてネガティブな心持ちになった。以降の人生と仕事の融合思考が未来において重要性を増すという論旨は読んでいて、自らの考えに近いものばかりだったので、ポジティブな心持ちに転換された。がっ要所要所に記載れているように、”考える力”が今まで以上に要求される世の中になり、ますます学ばない人との格差は拡大してゆくのだろうと改めて思えた。
    要所にたくさん語りたいくだりがあるのだけれども、終盤に書いてあった経済効用の逓減のくだりは、感銘を受けた。
    仕事は金じゃないという論旨は安直に良く言われるし、自らも仕事と遊びの融合は強力に意識している。何故、そうなのか?の論拠としてとてもしっくりきた。以降、体に入れる為、会う人合う人その話をしている自分がいる。
    ”技能と人脈” これには限界なく脳が刺激を受けることができる!
    とても良い本でした。ばんちゃんサンキュー

  • 出版されたのが2012年で、タイトルの通り2025年の働き方を予想して書いている。今となってはもう手が届きそうな先である。なので今から読む必要は薄い。素直に『LIFE SHIFT2』を読むべき。

  • 特別な内容があるわけではないのですが、自分の人生を見直すきっかけをくれた本、という意味で自分にとって価値の高い本です。
    「人生100年時代」を見つめて、キャリア自律を促されました。

  • ロンドンビジネススクールの経営組織論の権威、リンダ・グラットンが現代の労働環境に起こる変化と未来の問題を乗り切るには個人ベースでどのような働き方の変化を生じさせる必要があるかを解説している。2012年の作品で2025年の未来を想定しているが想定の半分以上が既に今の労働環境に現れ始めている変化(コロナ禍が加速させたとも考えられる)があり慧眼に感心した。

  • 【振り返り感想】
    技術の進歩から長寿になることをもとに、世界の働き方がどのように変わっていき、かつ我々がどのように行動すべきかを解いた書籍。
    大きな変化と根本の原因を、ストーリー仕立てで書いてあり、一般人の我々に行動を起こさせる本。

    3つのシフト
    ①ゼネラリストから連即スペシャリストへ(カリヨン・ツリー型のキャリア)
    ②孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ(ボッセ・ビッグアイデアクラウド・自己再生のコミュニティ)
    ③大量消費から「情熱を傾けられる経験」へ(自分で働き方を選ぶ)

  • フライヤー2019/05/03 19:02

    未来を形作る5つの要素
    1.テクノロジーの進化
    -テクノロジーが飛躍的に発展しコストが急落する
    -世界の五〇億人がインターネットで結ばれる
    -地球上のいたるところで「クラウド」を利用できる

    2. グローバル化の進展
    ←グローバル化の本格化:第二次世界大戦後
    -二四時間・週七日休まないグローバルな世界が出現
    -中国,インドの経済発展が目覚ましく人材輩出国として台頭
    -世界の様々な地域に貧困層が出現

    3.人口構造の変化と長寿化
    ← 世代、出生率、平均寿命の三要素の影響が重要
    ①-Y世代の影響力が拡大
    -寿命が長くなり、ベビーブーム世代の一部が貧しい老後
    -国境を越えた移民が活発になる

    4.社会の変化
    ・私たちの意識がどう変化するかを予測することは困難だが、テクノロジーの進化など表面的な部分こそ変わっても、マズローが示したように人間の根本的な欲求に関する性質はおそらく変わらないだろう。
    -家族のあり方が変わり規模が小さくな
    -女性の力が強くなる
    -バランス重視の生き方を選ぶ男性が増える

    5.エネルギー・環境問題の深刻化
    ←第1次産業以降悪化してる
    -持続可能性を重んじる文化形成

    ・二〇二五年には変化しているはず
    ← 経済的運命の決定要因:才能とやる気と人脈

    ・ミニ起業家の出現: ミニ起業家たちはたいてい、自分が夢中になれる対象を仕事にしている
    ←世界中で何十億と出て,パートナーとして協力

    ・⚠️ゼネラリストから連続スペシャリスト
    ←広く浅い知識や技能を蓄えるゼネラリストを脱却し、専門技能の連続的習得者への抜本的なシフトが必要
    → 重要な技能:
    -その技能が価値を生み出すことが広く理解されている
    -その技能の持ち主の希少性が高い
    -その技能の模倣が困難であり、機械に代用されにくい

    ・孤独な競走から協力して起こすイノベーション
    ← 今後は意識的・主体的な選択と行動が不可欠
    →関心分野を共有する少人数のブレーン集団である「ポッセ」、多様なアイデアの源となる「ビッグアイディアクラウド」、そして安らぎと活力を与えてくれる「自己再生のコミュニティ」を築く

    ・大量消費から情熱を傾けれる経験
    ⚠️ シフトを行うとは、覚悟を決めて選択すること
    → ボランティア活動や長期休暇を取る代わりに高給を諦める選択をしたり、リスクを承知の上でミニ起業家へ転身したり

  • 2012年発刊で「2025年の未来を予想する」という内容だが、2020年の今は途中経過の採点ということになるだろう。多くの指摘が的中している。さらにはコロナ禍で日本の働き方が大きく変わる中、2015年に読むより2020年に読むほうがむしろ納得性が高いのではないか。
    事実、働き方は多様化している。今となってはモバイルワークも当たり前だが、去年までは自分自身、出社しないで働く生活は考えられなかった。若い人は収入よりワークライフバランスを重視し、大量消費でなくエコを重視する、その通り。インターネットとクラウドは2012年に予想する以上に発展した。大会社の傘の下で守られるという意識は日本であっても薄まる一方だ。メンバーシップ型からジョブ型雇用へのシフトも注目されており、ゼネラリストではなくスペシャリストを目指すべきというのも的を射ている。
    当たらなかった予想としては、ネットとSNSが集合知の形成やグローバル化した社会貢献などに大いに活用されるのではなくて、テレビに替わる娯楽(Youtube)・承認欲求(インスタ)・炎上と悪口雑言(Twitter)に向かったことか。グラットン氏が期待したほど人間は賢明ではなかった。あと、細かいところだが貧富の差が拡大し身につけるものやブランドで差がつくというのは、前半は当たっていても後半は、皆ユニクロを着ているので違うだろう。
    2025年まであと5年、変化は続く。

  • 半点検読書。
    前半のペルソナ的事例はあまりよみこむほどのものでもなかった。

    1. 連続スペシャリストになれ 2. ポッセを得よ 3. 情緒を制御しカリヨンツリー型キャリアを生きることをよくもわるくも肯定してゆこう という話にまとめられるかと思った。

    背景には組織経営学的な調査の裏付けが諸々あるのだろうが、出てきたこと自体は比較的穏当な結論と思われ、驚きは少なかった。ただ一方で、2020年のコロナ期に読み返すことで、この本に書かれた前提が部分的に成り立たないか、ますます強烈に促進される事態になってきていることを連想させられた。

    Y世代に関する記述は自分自身が当てはまる世代であり、納得度の高いものだった。

全63件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

リンダ・グラットン
ロンドン・ビジネススクール経営学教授
ロンドン・ビジネス・スクール経営学教授。2015年に同校の卓越教育賞(Excellence in Teaching Award)を受賞。彼女の担当する講座「フューチャー・オブ・ワーク」は高い評価を得ている。世界経済フォーラムの「新しい教育と仕事のアジェンダに関する評議会」の責任者を務めており、同フォーラムのダボス会議にも2013年から参加している。世界で最も権威ある経営思想家ランキングであるThinkers50では、世界のビジネス思想家トップ15にランクインしており、2018年には安倍晋三元首相から「人生100年時代構想会議」のメンバーに任命された。彼女の著作は20を超える言語に翻訳されており、『ワーク・シフト』や、アンドリュー・スコットとの共著『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』は日本でベストセラーとなった。

「2021年 『LIFE SHIFT2(ライフ・シフト2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リンダ・グラットンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
村上 春樹
村上 春樹
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×