リンカーン弁護士 [Blu-ray]

監督 : ブラッド・ファーマン 
出演 : マシュー・マコノヒー  ライアン・フィリップ  マリサ・トメイ  ウィリアム・H・メイシー 
  • Happinet(SB)(D) (2013年1月8日発売)
3.55
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953049390

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 普通に面白かった! 難しいことを考えず痛快さを味わい時に見るには抜群の映画。主人公をとりまく登場人物もアメコミに出てきそうなクセありキャラでシリーズならまた見てみたいと思った。ドラマでいうところのパイロット版っぽい感じでこれからこの主人公を通して面白いドラマが期待できそうという気分にさせられた。

  • リンカーンの後部座席を移動式の事務所代わりにし、街のチンピラやら薬を止められない娼婦やら、ちょっと困った連中専門にふんだくって稼いでいるいわばちょいワル相手の屋台弁護士のミック・ハラーが資産家のバカ息子がしでかした暴行事件を担当することになり、ここは資産家相手にがっぽり稼いでやろうと試みていたところ、どうやらこのバカ息子がちょいワルどころかどうしようもない正真正銘の悪党であることが判明し、もちろんミック・ハラーもちょいワルな仮面の下には正義を信じる真の姿を隠し持っていたので、己の正義を貫くためにバカ息子を相手にあれやこれやの智略を巡らせるのである。

    よくよく考えると火曜サスペンス劇場みたいなお話でプロット自体に新味はあまりないが、チンピラバイカーやら、ちょっと憎めないクスリの常習姉さんやら、「お得意さん」を含めた主人公の周辺のキャラクターがなかなかに魅力的であった。

    バカ息子役のライアン・フィリップは小心ぶりと小賢しい態度が実にそれらしくて楽しいし、ブライアン・クランストンがちょい役でチラホラ出てくるのも嬉しい。

    それに何と言ってもいやはやマシュー・マコノヒーが抜群に素晴らしく、ひょっとして言い過ぎかもしれないが、これはもうマシュー・マコノヒーの才能と魅力が爆発した映画ということなのだと思う。

  • 2013/5/19 TSUTAYA

  • マコノヒーの転機となった作品だけに正座して観賞。あまり話題にならなかったのが不思議なくらいの傑作!よくある法廷ものに収まらないスリリングな展開に圧倒されたし、主人公ミックと依頼者ルイスのせめぎ合いは最後の最後まで身悶えたなあ。最後もそうきたか!と。これは二度観必至だし続編希望!

  • マシュー・マコノヒーのキャラクターは魅力的なんだけど、レビューで言われているほどのすっきり感は感じなかったな。やっぱり法廷ドラマの大傑作ビリー・ワイルダーの『情婦』がいかに凄いかが逆に分かる。

  • ドラマシリーズの映画化みたいな感じの、爽快なハリウッド映画。
    細かい事は気にせず楽しみたい大人の娯楽映画。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする