ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
3.11
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (238ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • その時代に林真理子というひとは本当にセンセーショナルだったんだと思うけど、今読むとそんなでもないかな。林真理子も可愛いときがあったんだね〜という感じ。世間がざわつくほど、女性のあけすけなエッセイというものが少なかったんだと実感。割と最近の出版物だと思うと平成っていい時代だと思う。色々言いやすい世の中になってきているのかも。

  • ど真ん中のはずなのに、初読。
    尖って勝負してんなー!でも読ませるのは、やはり文章力?

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)
1954年、山梨県山梨市生まれ。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動後、1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、デビュー作ながら話題になる。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。
現在、直木賞、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞の選考委員を務めている。

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫)のその他の作品

林真理子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする