ホルモー六景 「鴨川ホルモー」シリーズ (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
4.02
  • (14)
  • (19)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :115
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (315ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もっちゃんが切なよかった。

  • ホルモーが繫ぐ絆.不覚にも涙.ほんと万城目さんって無から有を作るところが凄い.どんな頭の構造してるんだろう・・・
    以下あらすじ(裏表紙より)
    このごろ都にはやるもの、恋文、凡ちゃん、二人静。四神見える学舎の、威信を賭けます若人ら、負けて雄叫びなるものかと、今日も京にて狂になり、励むは御存知、是れ「ホルモー」。負けたら御存知、其れ「ホルモー」。このごろ都にはやるもの。元カレ、合コン、古長持。祗園祭の宵山に、浴衣で駆けます若人ら、オニと戯れ空騒ぎ、友と戯れ阿呆踊り。四神見える王城の地に、今宵も干戈の響きあり。挑むは御存知、是れ「ホルモー」。負けたら御存知、其れ「ホルモー」。古今東西入り乱れ、神出鬼没の法螺試合、若者たちは恋謳い、魑魅魍魎は天翔る。京都の街に咲き誇る、百花繚乱恋模様。都大路に鳴り渡る、伝説復古の大号令。変幻自在の第二幕、その名も堂々「ホルモー六景」、ここに推参。

  • 読んでいるうちに鴨川ホルモーを思い出せる。登場人物のスピンオフエピソードといっていいのかな。うまいぐあいに仕込みがしてあって感嘆する。

  • 鴨川ホルモーのスピンオフ作品。
    ホルモー登場人物の皆様の違うお顔だったり、違う方にスポットが当たったり。
    相変わらずのマキメワールドは全開で、短編な分、気軽に読み進められました。
    ホルモーが明らかになるのかと思いきや・・・・そうはいかんよな。
    いや、やっぱりホルモーはホルモーのままでないと。

    たまみの恋が、ふしぎ遊戯ちっくでよかった。
    時代を超えて、魂でする恋の話は結構好きです。
    「僕の右手を知りませんか?」には笑ってしまった。

    もう一度鴨川ホルモーを読みたくなりました。
    そしてまたこの本を読みたくなる、ループ笑

    そして、このナイスセンスな2冊の本を勧めてくれた友人が、
    遠くへ引っ越します。
    本と音楽と酒の趣味が合う稀有な友人でした。感謝、合掌。

  • 「鴨川ホルモー」の裏側の話が6編。「鴨川ホルモー」を読んでいなくてもそれなりに楽しめるが、やはり読んでからの方が圧倒的に面白い。「鴨川ホルモー」ではさりげなくか書かれていることも、実はこんなことになっていたのか!と楽しませてくれる。
    唯一以前に読んでいた「ローマ風の休日」と、有名な小説家が登場する「もっちゃん」が特に面白かった。

  • あぁ、面白い。どこまでも付いて行きます、万城目ワールド。『もっちゃん』にやられ、『丸の内サミット』に続きを期待し、『ローマ風の休日』の梵ちゃんに憧れ、『長持の恋』にハッとする。
    あぁ、また続きを、ぜひ続きを、よろしくお願いします、ほんと。

    book off ¥350

  • 五百代目を中心としたその前後のお話。
    どれも面白かったけど、特にはローマ風休日、同志社大黄竜陣が面白かった。
    ローマ風休日は本編と、同志社~は鴨川(小)ホルモー、もっちゃん、と少し繋がっていて、長持の恋は鴨川ホルモーの本編とちょっと繋がっているので、両方読むと物凄い満足感がある。
    黄竜陣はその後がちょっと読みたかった。

  • 鴨川ホルモーの続編。
    恋にまつわるホルモー戦士たちのその後についての短編六話収録。
    「長持の恋」は秀逸です。
    読む限り、ホルモー世界はまだまだ続編の可能性があるのだろうな、
    とワクワクしてきます。
    収録話はそれぞれちょっとずつリンクしています。
    ホルモー世界にハマッた方は読んで楽しさが持続。

  • 鴨川ホルモーのスピンオフ作品。本編に引き続き笑ありちょっと切ない気持ちにさせられたりと、多いに楽しませてもらいました。本編の「鴨川ホルモー」を読んでからこちらを読まれることをお勧めします(^^)

  • 『鴨川ホルモー』のサイド・ストーリー。残念ながら『鴨川ホルモー』の 1/10 も面白くはないのだが、楠木ふみの可愛さに免じて星4つ。

    ものを書くときには、「溢れる想いの、その溢れる分を書く」という言葉がある。『鴨川ホルモー』はまさにその溢れた分であり、作者がその背景に如何に壮大な物語世界を構築していたか、その溢れなかった部分を作者がどれだけ大切にしていたかを、うかがい知ることができる短編集が『ホルモー六景』だ。残念ながら、『ホルモー六景』を読み終わった後、真っ先にしたことは、『鴨川ホルモー』の後半部分を読み返すことだったが…。

全11件中 1 - 10件を表示

ホルモー六景 「鴨川ホルモー」シリーズ (角川文庫)のその他の作品

ホルモー六景 単行本 ホルモー六景 万城目学

万城目学の作品

ホルモー六景 「鴨川ホルモー」シリーズ (角川文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする