わくらば日記 「わくらば」シリーズ (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (317ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わたしは和歌子。わたしの姉さまはとても美人で色が白い。そして不思議な能力を持っている。人や物を見るとその人や物にまつわる過去の出来事を見ることができる。その能力で哀しい悲惨な出来事も多く見た。そして27歳の若さで逝ってしまった。昭和30年代を舞台にした姉と妹の物語。懐かしさを感じる話だ。

  • 鈴音のもつ特殊な能力がうらやましいようで哀しい。
    出てくる刑事さんがいい人たちで良かったと思うばかり。
    秦野さんは第一印象は良かったのにだんだん残念な人になってしまった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

朱川湊人(しゅかわ みなと)
1963年、大阪府生まれの作家。『都市伝説セピア』が直木賞候補。05年『花まんま』で直木賞受賞。ノスタルジックホラーというジャンルを開拓した。小説業のかたわら『ウルトラマンメビウス』の脚本も手がけるなど活動は多岐にわたる。著書に『サクラ秘密基地』『月蝕楽園』『冥の水底』『キミの名前』など多数。
2018年9月、『アンドロメダの猫』を刊行。

わくらば日記 「わくらば」シリーズ (角川文庫)のその他の作品

わくらば日記 単行本 わくらば日記 朱川湊人

朱川湊人の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする