GOSICK IV ─ゴシック・愚者を代弁せよ─(ビーンズ文庫) GOSICK(ビーンズ文庫) (角川ビーンズ文庫) [Kindle]

著者 :
制作 : 武田 日向 
  • KADOKAWA / 角川書店
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (316ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヴィクトリカが幽閉される原因が少しずつ分かってきました。早すぎたリヴァイアサンの能力、美しい王妃、臆病な王、利用しようとするブロワ侯爵。特別な能力を持つ灰色狼とその子供と、利用しようとする面々に囲まれて九条くんはどこまで頑張れるのかなぁ。リヴァイアサンの孤独な死は悲しかったけどきっとヴィクトリカが謎を解き、見つけたことで少しは救われたと信じたい。アヴリルも嫌いじゃないけど、ヴィクトリカの魅力にはかないません。てか、ヴィクトリカには九条くんしかいないから。逆に取らないであげてね。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

桜庭 一樹(さくらば かずき)
1971年、島根県生まれの小説家。
1999年「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。
『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)、『私の男』で直木賞を受賞。他の代表作に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
ゲームのノベライズやライトノベル作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを手がけるなど幅広く活躍している。

GOSICK IV ─ゴシック・愚者を代弁せよ─(ビーンズ文庫) GOSICK(ビーンズ文庫) (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

桜庭一樹の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

GOSICK IV ─ゴシック・愚者を代弁せよ─(ビーンズ文庫) GOSICK(ビーンズ文庫) (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする