三毛猫ホームズの推理 「三毛猫ホームズ」シリーズ (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
3.60
  • (4)
  • (9)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 124
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (328ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読むのは2回目。Kindle Unlimitedに入っていたので持っているがダウンロードした。
    10年以上前に本シリーズの作品はだいぶ読んだけれど、やはり1作目は印象に残っているのか、トリックも犯人も読みながら思い出した。しかし2回目も飽きずに読め、種あかしも面白かった。
    登場人物がクセはあっても憎めなし、なんだか身近にいそうな人ばかり。そのせいか三毛猫ホームズもなんとなくどこかにいそうな感じがしちゃうんだよね。
    今も新作がだされているらしく、いい機会なので全シリーズ読みたいと思います。
    片山兄弟がどうなったのか気になるし、ホームズは長生きして猫又になってくれないかなー(といったらホームズに怒られそうですが)

  • 赤川次郎氏の作品は学生時代にはよく読んだものだったが最近では「セーラー服と機関銃」のシリーズを再読したくらいでとんとご無沙汰だった。このシリーズも名前は知っていたが特に興味もそそられずにいた。今回は「kindle unlimited」に入っているのを見つけたので読んでみた。
    赤川次郎氏の作品ということで安心感はあったが,期待を裏切らない安定した面白さがあった。設定としても,風災の上がらない刑事と美人女子大生という王道パターンと言うか。事件そのものは凄惨だけれどもストーリー展開はライトめで,トリックやら事件の構図やらはそこそこ凝っている。
    ちょっとネタバレ気味だが関係者がバタバタ死んでいくのもこの手の作品にはありがちではある。
    ファンタジーものと違って,猫のホームズは喋ったり人間の心に語りかけたりはしないが,どうも人間の言葉はわかっていて,推理もしていて,その結果を伝えようとしているみたいだ。この形でずっとシリーズを続けていくとしたらしんどそうだが,赤川氏レベルに達するとお手のものなのかもしれない。

  • 2018/04/18
    トリックだけは知っていた
    面白いのでシリーズを読み漁ろうと思う

  • このころの赤川次郎が字が多かった。11版(刷)

  • 元カノが読んでいたが猫好きではなかったので未読。
    時はうつり、猫好きになったので読んでみた。

    人のような猫は目をつぶるとしても、ストーリーが
    ロジックに欠けるところあり、死者多数。

    シリーズ物だが次作を読もうとは思わなかった。

  • 「三毛猫ホームズ」シリーズの栄えある第一弾!
    いまや女性恐怖症で知られる片山刑事の意外な一面を見ることもできるスリリングな一作です。

  • 友達に読まなくていい本としてすすめられ、かえって読みたくなった本。猫のホームズがちょちょいとヒントを出して、主人公の刑事が謎を解いていく物語です。一切なにも考えず読める超気楽な本。バブル期の空気も味わえてなかなかよかったです。(といっても1冊で十分だな(笑))

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2022年 『素直な狂気』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×