人形式モナリザ Shape of Things Human Vシリーズ (講談社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (408ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後の一行を読んだあとに,プロローグを読み直し,この小説中で明示的に解かれなかった「2年前」を思えば,嗚呼そういうことかと理解出来る.笑わない数学者に通じる,物語に仕掛けられたトリックが面白かった.

  • Vシリーズ第2段。 面白かった。テーマとして好き嫌いは別として、理解できる世界ではある。狂気は物語として読むと実に魅力的だ。 「人形」は奇妙な存在のひとつとしてしばしば使われるが、それをうまく作用させているのか。紅子の見せる新しい側面も、実にいい。 そして、紅子を巡る二人の男と一人の女。 これらが実に面白い。 二組は雰囲気が全く異なる、一人は共通。 「ときどき、ぞっとするほど、貴方は優しいわ」

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

人形式モナリザ Shape of Things Human Vシリーズ (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする