スティーブ・ジョブズ I [Kindle]

  • 講談社
4.04
  • (17)
  • (17)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 243
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (448ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジョブズがアクの強い人間だということがよくわかった。参考となったのは「金儲けを目的に会社を興してはならない、真に目標とすべきは,自分が信じるなにかを生み出すこと,長続きする会社を作ることだというんだ」という点

  • 私は彼のシンプルで本質的な美意識が好きで、アップル製品を使用している。この本を読んでみたいと思ったのも、ミニマリズムへの探究心がきっかけだった。

    ジョブズについて新たに知ったこと。1960年代的なカウンターカルチャー(スピリチュアリティ、菜食主義、LSD、ボブディラン、無政府主義....)の精神を背負った若者だったこと。「捨てられた」という自己認識から自己愛性パーソナリティ障害を引き起こし、完璧主義で文字通り「気狂い」な天才だったこと。女性との関係が絶えず、しかし父親コンプレックスのために父親になることを恐れていたこと。

    インタビューでもはっきり述べているが、ジョブズはお金儲けのために仕事をしているのではない。単に優れた美しいコンピュータを創りたかった、それだけなのだ。そのシンプルな情熱を原動力に、彼独特の「現実歪曲フィールド」を用いてマッキントッシュを創った。私も、クリエイティブな職業に就くものとして、彼のゼロから一を生み出す精神を見習いたいと思った。

    2020年。私はミニマリズムに出会った。2021年は本格的に禅の精神を学ぼうかしら。

  • この自伝はスティーブ・ジョブズの事が光の面だけでなく闇の面も書かれており、興味深く読めた。マックを使ったことがないので、Ⅰは正直身近に感じなかったが、彼がどのようにしてアップルやピクサーを作ったかが分かり易く書かれていた。

  • 背景とか考えとかに触れられる。伝記物、面白い。

  • Apple IIとかが欲しかった中学生時代だったので、スティーブジョブズは当然のようにヒーローで、ASCIIとかでいろいろな記事を読んで様々なエピソードは知っていたから、読むこともないかなと思って読んでなかった。だけど、死を意識した立志伝中の人物が生でエピソードを才能のある著者にタブーなしに書かせるとこんなにもすばらしい読みものになるのだと感銘しました。

  • 年末年始に読んだ本

    上下巻の大ボリュームで、上巻だけ読み終わっていて、何故か下巻を読むのが8年ぶり(!?)ぐらいになります。
    下巻の始まりが、アップルを追放されたジョブズがNEXTコンピューターから戻ってきて、そこからiMac、iPod(iTunes)、iPhone、iPadと次々に会心のヒット作を生み出す、という内容。最後はガンで弱って死んでいってしまうのですが、書き方が上手いのかそこまで悲壮感がないですね。
    スティーブ・ジョブズってのは、まさに天才と狂人は紙一重って感じの人で、これだけの功績を残しているから良いですけど、身近な人はたまったもんじゃないですね…。性格に問題ありのサイコパスって感じです。しかし自分たちの生活は、相当ジョブズさんの恩恵を受けているのは事実で、スマートフォンを見るたびジョブズさんの功績を思い出したいですね。

  • まさに「アーティスト」なスティーブ・ジョブズの生き様が描かれた伝記。

    人間性にはかなり問題があったみたいだけれど、彼じゃなければ生み出せなかった美しい製品たち。

    波乱万丈っぷりが面白かった。

    ピクサーを支援したのはすごいけれど、やはりジョン・ラセターが才能に溢れていたように思う。どんな形であれ素晴らしい作品を生み出した人だと思う。

    後編が楽しみ。

  • スティーブ・ジョブズの伝記。
    生い立ちからアップル創立・追放とネクストの創立まで描かれている。

    ジョブズがここまでクセが強く他のメンバーに嫌われていたことと、実際に製品は作ってはおらずアイディアの人ということは初めて知った。

    また、彼が持つ現実歪曲フィールドはすさまじく、目的に向けて突き進むパワーと人を巻きこむ力(無理にでも)はある意味見習わなきゃいけない部分でもある。

  • Stay Hungry Stay Foolish.
    Be a Pirates than a navy.

    養子として始まった彼の人生。

    エンジニアのお父さんや、企業に自分から部品を直接もらいに行く行動力そして人から目を逸らさない、人を惹きつける彼の魅力に僕ものめり込んでしまった。

    決して妥協をせず、そしてはずは自分のフィルターで一回否定しそこから受け入れる姿勢は立場関係なく一貫していてよかった。

    ベジタリアン、禅、そしてアートと時にはLSDもやつていたスティーブ。そんなぶっ飛んだインテリ性がアップルの原点。

  • アップルの創設者 スティーブ・ジョブズ 1

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ウォルター・アイザックソン【著者】Walter Isaacson
1952年生まれ。ハーバード大学で歴史と文学の学位を取得後、オックスフォード大学に進んで哲学、政治学、経済学の修士号を取得。英国『サンデー・タイムズ』紙、米国『TIME』誌編集長を経て、2001年にCNNのCEOに就任。ジャーナリストであるとともに伝記作家でもある。2003年よりアスペン研究所特別研究員。著書に世界的ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』1・2、『レオナルド・ダ・ヴィンチ』上下、『ベンジャミン・フランクリン伝』『アインシュタイン伝』『キッシンジャー伝』などがある。テュレーン大学歴史学教授。


「2019年 『イノベーターズ2 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウォルター・アイザックソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ウォルター・アイ...
ジョージ・オーウ...
デールカーネギ...
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

スティーブ・ジョブズ Iを本棚に登録しているひと

ツイートする
×