神様のカルテ (小学館文庫) [Kindle]

著者 :
  • 小学館
3.71
  • (6)
  • (9)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (256ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この病院では、奇蹟が起きる。

    栗原一止(いちと)は信州にある「24時間、365対応」の病院で働く、29歳の内科医である。ここでは常に医師が不足している。専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、変わり者だが優秀な外科医の友人と助け合いながら、日々の診療をなんとかこなしている。
     そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。悩む一止の背中を押してくれたのは、死を目前に控えた高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。

    安曇さんの優しい笑顔に、一止が救われるエピソードが好き。
    自分が病気で辛い時でも、早くに夫を亡くして孤独と戦う日々を過ごしていても、人に対する笑顔や優しさを忘れないおばあちゃん。
    安曇さんのようなおばあちゃんになりたいな。
    最近ピリピリして顔が強張ってばかりの自分に、反省。

    人に優しくなれる本。

  • 映画を見てから読みました。

    帯に書いてあるように、本当にこのお話は奇蹟だと思います。
    何かスゴいことが起きたわけではなく、主人公である栗原一止が奇蹟だと私は思いました。
    この人の温かさが、読者の心を温かくしてくれる。
    そう思わずにはいられない作品です。

著者プロフィール

夏川草介(なつかわ そうすけ)
1978年、大阪府生まれの医師・小説家。信州大学医学部卒業後、医師として勤務。そのかたわら2009年に『神様のカルテ』で第10回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。同作は第7回本屋大賞2位となり、2011年、2014年に深川栄洋監督、櫻井翔主演で映画化される代表作となった。

神様のカルテ (小学館文庫)のその他の作品

神様のカルテ 単行本 神様のカルテ 夏川草介

夏川草介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする