ST 警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル (講談社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (304ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最新で

  • ST・色シリーズのファイナルは、寡黙な武術家にして超嗅覚を
    持つ男、黒崎勇治が再登場し主役に座る回。

    新宿歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、中国マフィアの勢力争い
    が物語の軸。このよくありそうな設定に、超常現象に近い不審火
    という謎がぶち込まれる。更には売れない役者集団や元公安の
    組対など、ちょっと思いつかないようなキャラが多々現れるため、
    シリーズ最終作となっても全く飽きない展開。そして肝心の黒崎
    の動きがこれまでとかなり違っているため、マニアでも興味を
    失うこと無く読める。

    色シリーズはこれで終了。
    満足度はかなり高かったのだけど、残念だったのは
    白の調査ファイルが無かったこと。唯一のヒューマンにして
    ある種最高のキャラ、ONE PIECEで言うところのウソップに当た
    る百合根を主役にした物語を、是非このシリーズに入れて欲しか
    った。

    STは全部で6色だと思うな、実際は。

  • 無口な武道家、人間ガスクロで御なじみ
    黒崎さんがメインのお話。
    最強です。
    でも、しゃべらないので、出番すくなめに感じるかも。。。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

今野敏(こんの びん)
1955年北海道三笠市生まれ。上智大学文学部新聞学科在学中、「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。大学卒業後、東芝EMI入社。ディレクターと宣伝を勤める。主な担当は、TMネットワークの前進バンド『スピードウエイ』。宣伝では、オフコース、甲斐バンド、チューリップなどニューミュージックを担当。1981年、同社を退社、作家に専念。
2006年『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞を受賞。2008年『果断 隠蔽捜査2』で、第21回山本周五郎賞、第70回推理作家協会賞を受賞。
2018年は「作家生活40年」のメモリアルイヤーで多くの特集が組まれている。主な企画作品に、2018年7月、任侠シリーズ最新刊『任侠浴場』刊行。新シリーズとして同年10月『継続捜査ゼミ』を刊行した。

ST 警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル (講談社文庫)のその他の作品

今野敏の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする