おおきく振りかぶって コミック 1-20巻 セット (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.86
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女性監督と新設野球部の物語。
    一つの試合を様々な視点でじっくりと見せるあたりは、
    今までに見られないもので、実際の試合を見る時の
    参考にもしています。
    ネガティブな思考の主人公三橋が、
    どんどんとプラス思考に変わっていく姿が、
    自分と似てて、ちょっと色々思い出しました(笑)
    先生の考え方など、実生活でも、役に立ってます。

  • 21巻に感想

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ひぐち アサ
埼玉県出身、女性漫画家。
大学卒業後の1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞(春)に「ゆくところ」を投稿、四季賞を受賞する。同年、『月刊アフタヌーン』8月号に「ゆくところ」が掲載され、漫画家デビュー。
2003年に連載開始した、高校野球をテーマにした『おおきく振りかぶって』がこれまでの熱血系・ドラマ系の高校野球マンガと異なる切り口で高い評価を誇り、第10回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。「日本のメディア芸術100選」でもマンガ部門で選ばれた。翌2007年には第31回講談社漫画賞一般部門を受賞している。テレビアニメ化もされた代表作となった。

ひぐちアサの作品

おおきく振りかぶって コミック 1-20巻 セット (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする