秋 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.89
  • (3)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (13ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 信子と従兄の俊吉は昔から親しい仲だった。それに、文学や創作仲間として話も合った。
    その為誰もが卒業後、この二人が結婚すると予想していたが、信子の妹も俊吉が好きなことを知った姉は、自ら身を引いて別の男性と結婚をする。そして妹は俊吉と結婚をする。
    しばらく別々に生活していた姉妹だったが、信子が妹夫婦の家へやって来て、そこで微妙な三角関係の心理描写が描かれる。
    熾烈な感情の表現こそないものの、静かで微細、少し暗くて冷たい雰囲気だった。
    話の劇的な変化もなく、ややもするとそのさりげない心理描写に気付かないまま読み進めて読了してしまう。
    しかし、文章にじっくり目を凝らすと見えてくる心理描写の数々。

    妹の照子に俊吉を譲ったことで、彼女は姉に対して憐憫の情と一種の罪悪感が芽生える。
    その旨が書かれた手紙を読んだ信子は、いじらしさを感じ涙ぐむと同時にこうも思っていた。
    「彼女の結婚ははたして妹の想像どおり、全然犠牲的なそれであろうか。そう疑いをさしはさむことは、涙のあとの彼女の心へ、重苦しい気持ちを広げがちであった。信子はこの重苦しさを避けるために、たいていはじっと快い感傷の中に浸っていた」
    信子の行動は一見すると犠牲的で美しい姉妹愛に見えるが、妹の照子に罪悪感を植え付ける結果にもなっている。しかも、変な自己満足にも陥っている。

    結婚生活の中で信子は小説を書こうと机に向かっていたが、夫からの苦言でそれも徐々にやめてしまう。
    そんな時、俊吉の小説が雑誌に載っているのを見つける。その掲載されているページを見て、
    「俊吉はやはり小説の中でも、冷笑と諧謔との二つの武器を宮本武蔵のように使っていた。彼女にはしかし気のせいか、その軽快な皮肉のうしろに、何か今までの従兄にはない、寂しそうな捨て鉢の調子が潜んでいるように思われた。と同時にそう思うことが、うしろめたい気もしないではなかった」と感じている。
    ここから俊吉も信子に対して思うところがあったのではないか。
    それ以来、信子は夫に対していっそう優しく振舞うようになった。まるで自分の気持ちに蓋をするように。

    信子は他の男性と結婚しても、まだ俊吉のことが忘れられない。
    俊吉と照子の結婚式に出席できない手紙を書いている時、なぜかわからなかったが筆の渋ることが再三あったり、
    「その晩信子と夫とは、照子の結婚を話題にした。夫はいつもの薄笑いを浮かべながら、彼女が妹の口真似をするのを、面白そうに聞いていた。が、彼女にはなんとなく、彼女自身に照子のことを話しているような心もちがした」
    とあることから、気持ちに蓋をしつつ本人も想っている感じがする。

    ある日、妹夫婦の家に泊まることになった信子。
    寝る前に俊吉に声を掛けられ、庭に出た二人は鶏小屋を覗く。
    そこで寝ている鶏を見て、
    玉子を人に取られた鶏が――信子は草の中にたたずんだままそう考えずにはいられなかった。
    という箇所が、鶏と自分自身を重ねているようだった。
    「玉子」は俊吉や作家としての夢をあらわしているように見える。

    翌朝、妹と二人きりで談話している時、お互いの結婚生活の話題になり、互いに詮索するかのような描写がある。
    「照さんは幸福ね」――信子はあごを半襟に埋めながら、冗談のようにこう言った。が、自然とそこへ忍び込んだ、まじめな羨望の調子だけは、どうすることもできなかった。照子はしかし無邪気らしく、やはり活き活きと微笑しながら、「覚えていらっしゃい」とにらむ真似をした。それからすぐにまた「お姉様だって幸福のくせに」と、甘えるようにつけ加えた。そのことばがぴしりと信子を打った。
    彼女は心もちまぶたを上げて、「そう思って?」と問い返した。問い返して、すぐに後悔した。照子は一瞬間妙な顔をして、姉と眼を見合わせた。その顔にもまたおおいたがい後悔の心が動いていた。信子はしいて微笑した。「そう思われるだけでも幸福ね」
    そのやりとりで姉の気持ちがいまだに俊吉にあると気付いた照子は、泣きながら嫉妬心をあらわにする。
    それから仲直りはしたものの、妹とは永久に他人になったような壁が出来上がる。
    妹夫婦の家を出た時の秋の寂しい風景が、信子の心情をあらわしているようだった。

    果たして、信子の行動は正しかったのだろうか。
    もし、自分の気持ちに正直に動いたら、妹との心の距離が離れたり、これからも続く淡々とした夫婦生活を送ることはなかったかもしれない。

    作者の芥川は初恋の女性と交際、結婚を望んでいたが、家の者から猛烈な反対をされ、破局してしまう。
    その経験がモチーフとなった作品か。

  • 姉妹と男の三角関係。同じ男を好きになった姉は妹にその男を譲る。

  • 大正九年三月

  • 姉妹と一人の青年との三角関係の話。
    小説家になりたくて、実際に才能もあった主人公の信子と、同じように文学を志す従兄の俊吉。
    二人は互いに惹かれ合っていたが、信子の妹の照子も、俊吉のことが好きらしい。
    信子は妹のために身を引き、他の男と結婚する。
    結婚生活はそこそこ順調だったが、信子の夫は信子が小説を書くのにいい顔をしなかった。細かいことでも不満が募る。
    そんなある日、信子は俊吉・照子夫婦の家を訪問する。

    妹の照子は、姉が自分のために身を引いたことを知っていて、罪悪感を抱いている。でも俊吉が好きで離れられない。
    俊吉もおそらく、信子が妹のために身を引いたことを知っていて、姉に未練もあったりしそうな感じ。
    主人公である姉も、身を引いておきながら煮え切らず、いつまでも過去を引きずっているけども、妹のため妹のため、と心を押しつぶしている。
    照子は姉に罪悪感を抱きつつも、姉が夫と二人きりになると嫉妬する。
    信子はそんな複雑な心境の妹を見てほくそえんだりする場面もあり……。

    身を引いた女が聖母のような書かれ方をしているのではなく、何というか一切の黒幕というか……。
    照子は姉に複雑な気持ちを抱いていたけど、身を引いてくれたのもあって責められるわけないし、今でいうマウント取ってる形だよなぁと思った。
    これ、女の人が書いてると言われても疑わないわ。

  •  南木佳士の『薬石としての本たち』で、芥川龍之介を批判しながら、『秋』だけは良いとコメント。早速、入手して読んでみた。
     読み進むにつれ、頭の中でいろいろな情景、感情がわき起こる。

  • 信子と照子の描写が細やかで引き込まれる。信子の夫に同情してしまうけふこのごろ。きゅうかなづかいはなれていないとよむのがむずかしいですな。

  • 星四つ

  • バラコアで。

    どれだけ時間があったんだろう。いいところだったなーぁ!

全8件中 1 - 8件を表示

秋のその他の作品

秋 (青空文庫POD(大活字版)) オンデマンド (ペーパーバック) 秋 (青空文庫POD(大活字版)) 芥川竜之介
秋 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 秋 (青空文庫POD(シニア版)) 芥川竜之介
秋 Audible版 芥川竜之介

芥川竜之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
太宰 治
太宰 治
芥川 竜之介
坂口 安吾
芥川 竜之介
三島 由紀夫
又吉 直樹
芥川 竜之介
芥川 竜之介
芥川 竜之介
芥川 竜之介
森 鴎外
芥川 竜之介
芥川 竜之介
エドガー・アラン...
森 鴎外
夏目 漱石
芥川 竜之介
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする