或阿呆の一生 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.19
  • (2)
  • (13)
  • (20)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 148
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (21ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 芥川の死後発見された作品で、冒頭に久米正雄への遺言の様なメッセージがついている。作中の登場人物は匿名になっているものの、ほぼ芥川の自伝。
    一緒に心中未遂までした不倫相手のことを赤裸々に書いてたり、『狂人』呼ばわりしてたりするところから、生前にこれを発表する気はなかったんだろうな…というか、これを書いてる時点で死ぬ気だったんだろうな、というのが窺い知れる。
    どこかのサイトで感想を読んだけど、芥川作品を読み、詳しくなってからこれを読むと「芥川の事どれだけ知ってるかクイズ」みたいな楽しみ方ができそう。
    過去のある作品を書いていた時、どんな気持ちだったかなどの記述が見られる。

    好きなのは第27、スパルタ式訓練。
    夕べ会っていた不倫相手と町中ですれ違う。傍らにいた知人がその女を見て「(知らないけど)綺麗な人だ」というと、芥川もその女を知らないふりして「本当に綺麗な人ですね」という。
    この話に、このタイトルがついてるのがウケる。
    不倫相手と町中ですれ違って、なんともないふりするのが苦しいからスパルタ式訓練なんでしょうけど、なんというか、少し女々しい…w

  • 芥川龍之介が、自殺したあとにみつけられた、短編小説。
    陰鬱な精神状態の中で、絞り出した文章で重々しい。
    度々でてくるセンテンスで、綺麗だなぁと感じるものがあった。

    『彼女の顔はかう云う昼にも月の光の中にゐるやうだつた。』
    きっと、美人女性なのだろう。
    翳りのある、憂いを帯びたような女性なのでしょうか。

  • 断章形式でわかりづらいけれど、次第に死に引き寄せられていく様に心が苦しくなります。

  • 芥川が自殺時に残した文章です。
    度重なる不倫を筆頭に大分ゲスさも見え隠れしますが…。

    読み進めていくうちに太宰治は芥川を敬愛していたというエピソードが脳内にチラつきましたね。

  • 文章が重々しい。追い詰められて行ったんだろうな、と感じ取ることができる

  • 散文の繰り返しで途中から飽きてきた。自殺前の精神的な疲れが思いやられる。

  • 美しい表現と、確かな狂気。
    もう少し背景知らないと理解したと言えないかなぁと思った。
    芥川もう少し読んでから再読したい。

  • 初めて読みましたが読んだと言えるかどうか。これほどの有名人なのに著者に関する知識はほとんどなし。作品の背景など、何の準備もなしに頁を開きましたが字面を追っただけ。もう少し勉強してから再挑戦します。

  • 太宰治の『葉』みたいな感じで大分好き
    いつか再読しよう

  • 作中にもあるが、自叙伝のようだ。
    自叙伝というには、あまりにも瞬間的だけれど。
    思い出す作業を頭に浮かべれば――記憶がふっと脳裏に蘇り、長いこと留まらない――リアルとも感じる。

    また、『歯車』を読んだあとでは、明晰な思考で驚いた。
    表現も詩的で、私はこちらの方が好きだ。
    細く神経を土に這わす唐黍、虫に食われた羽をぶら下げる剥製の白鳥、芥川に自分を思い起こさせるそれらの光景は、なんとも侘びしく、心に刺さる。

    しかし『歯車』を読んで、相当精神が参った状態かと思えばこういう文に出会い、『歯車』もある効果を狙ってあんな風に書いたのか、それとも正直なところの感覚なのか、判断がつかなくなった。

全19件中 1 - 10件を表示

芥川竜之介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする