或阿呆の一生 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.10
  • (0)
  • (13)
  • (18)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 120
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (21ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美しい表現と、確かな狂気。
    もう少し背景知らないと理解したと言えないかなぁと思った。
    芥川もう少し読んでから再読したい。

  • 初めて読みましたが読んだと言えるかどうか。これほどの有名人なのに著者に関する知識はほとんどなし。作品の背景など、何の準備もなしに頁を開きましたが字面を追っただけ。もう少し勉強してから再挑戦します。

  • 芥川ヤミスギィ!イクイクイク…お薬増やしておきますね。ヒョイパクーグエー死んだンゴで宜しいかな。
    書いていることが断片的、そして、人に見せしめる為のものではないので断絶した芥川の自伝に近い。陰々滅々と陰鬱とした心持ちを取り留めもなく吐露し、生きることや社会に冷淡として一笑とする一貫とした態度は不安に苛まれ追い詰められ、磨り潰された心の叫びとも押し潰された呻き声とも言える。
    「ええ。──いえ、死にたがつてゐるよりも生きることに飽きてゐるのです。」

  • 自伝、と言っていいと思う。
    自己弁護はしなかったつもり、という文が既に自己弁護になっている。それが芥川という人なのだろう。

  • 芥川龍之介が自殺間際に自叙伝を「詩と真実」で書いたもの。ストーリーはない。ただ断片ごとの印象だけ。どうにも生活が窮迫していく様子が淡々と臨場感をともなってかかれている。

或阿呆の一生のその他の作品

或阿呆の一生 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 或阿呆の一生 (青空文庫POD(ポケット版)) 芥川竜之介

芥川竜之介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする