あばばばば [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.25
  • (4)
  • (14)
  • (35)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 191
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (9ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大正時代のたばこ・雑貨店の常連客であった教師の保吉が、仔猫のようなあどけなさが残る店番をする若い娘を見るうちに、いつの間にか気持ちが揺らいでいきました。きっかけを作ってみたくて足繁く店に通い詰めるるうちに、その娘の姿が見えなくなりました。一年ほど後のこと、煙草屋の店先で赤ん坊を抱いた女が「あ~あばばばば~」と言うのを見つめる保吉でありました。

  • 女は母親になるとマジ最強だなっ!ていう感慨を小さな物語にまとめました、という作品。芥川龍ちゃん、面白い。

    • ハタハタさん
      あばばばば、面白いですよね。私も好きな短編です。お母さんになるのではなく、お母さんは生まれてくるものだ、という感じです。
      あばばばば、面白いですよね。私も好きな短編です。お母さんになるのではなく、お母さんは生まれてくるものだ、という感じです。
      2018/05/31
    • 凪さん
      >猿川西瓜さん
      コメントありがとうございます。題名のつけ方といい、内容といい、秀逸ですよね。
      なるのではなく、生まれてくるもの…、なるほど!
      >猿川西瓜さん
      コメントありがとうございます。題名のつけ方といい、内容といい、秀逸ですよね。
      なるのではなく、生まれてくるもの…、なるほど!
      2018/05/31
  • 子を産んでオバサンになる…

  • 不思議なタイトルですが、結末で納得。
    店内や、主人と細君との間に流れる静かで穏やかな空気が伝わってくるようで、好きです。

  • ”女性が母になる瞬間”というものはあるものだ。
    しかし、それを目の当たりにした男性は何を思うのか?そんな事は考えたこともなかったけれど、この小説は男性側からみたそんな母となった女性への思いが書かれている。

    母になるという祝福が男性には受け入れがたく幻滅をもたらすのだと言うことが、やや残酷に書かれた短編。

  • 子供ができると人って変わるんだなぁなんて思ったり

  • 平和な、暖かい話。全くの他人である女性を観察し続けるのもまあ失礼だけど、最後に「あばばばば」という題名の意味がわかる瞬間はなんとも穏やかな気持ちになれます。人が親になると、それほど関わっていない他人の目からしても随分変わるもんね。すくすく育ってくれるといいなあ。

    作中、ココアで有名なバンホーテンが出てきたことには少し驚きましたし、少し嬉しくなりました。芥川作品にも登場しているとは…。

  • 『女はもう「あの女」ではない。
    度胸の好い母の一人である。』

    保吉がある日何気なく立ち寄った店には
    眇(すがめ)の主人と西洋髪に結った女がいた。
    「朝日を二つくれ給へ」
    十九そこらの女はあれからずっと勘定台の後ろに
    座っているのだ。
    半年たったある日、眇の主人と女の前に
    赤子が現れて・・・。

    by あば

  • タイトルにどういう意味があるのだろうか、と読んでみたが、なるほど。

  • 「一たび子の為になつたが最後、古来如何なる悪事をも犯した、恐ろしい「母」の一人である。」

全22件中 1 - 10件を表示

芥川竜之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井 基次郎
芥川 竜之介
森 鴎外
芥川 竜之介
芥川 竜之介
芥川 竜之介
ヘルマン ヘッセ
夏目 漱石
福沢 諭吉
ミヒャエル・エン...
レオ トルストイ
太宰 治
三島由紀夫
森 鴎外
夢野 久作
中島 敦
芥川 竜之介
太宰 治
ヘミングウェイ
芥川 竜之介
芥川 竜之介
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×