奉教人の死 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.67
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (11ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後に大きな事実が明らかになり、アッと驚いた。良くできたミステリーを読んだときに近いような感動。
    「ろおれんぞ」は身をやつしても神に祈りを捧げ、その身をも捧げ、きっと「ぱらいそ」に辿り着いたんだと思う。多分芥川が書きたかったのもそういう宗教観ではないかと…。
    カップリング脳だからか、「しめおん」と「ろおれんぞ」の関係が気になって仕方なかった。
    残された「しめおん」を想うと胸が切なくなる。
    ろおれんぞの正体について、しめおんはうすうす感づいていた可能性とか…?
    感づいてないまでも何となく違う雰囲気は感じてたような気がする。

    この話は徹頭徹尾芥川の完璧な創作なんだけど、作中で「外国のある本をモチーフにした」と書かれている。
    勿論モチーフは無くて、このくだりも全くの創作なんだけど、読者は本当にその「外国の本」があると思ったらしくて、高値で売ってくれなんて声もあったとか。
    それだけ人々の心を打つ話だったのだと思うけど……、うん、わかります。

全1件中 1 - 1件を表示

芥川竜之介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする