芋粥 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.50
  • (5)
  • (10)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (17ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 芥川龍之介はどこか苦手意識があったが、これは読みやすかった。芋粥食べてみたい。

    夢が叶えられた瞬間色褪せることってあると思う。しかも、それは必死で掴んだものでもそういった面はあるが、努力しないで得たものは尚更。
    虐げられてきた境遇から、何の努力もせずに何も自身が変わらずに密かに思い続けていた願望があっさり叶ってしまう。五位はこれから何を糧にして生きれば良いのだろう?

    利仁の意図も気になる。五位の夢を叶えてどうしたかったのだろう?五位の唯一の楽しみを打ち砕いてこれから何の希望もない五位を嘲笑うことを目的にしたことなら、かなり陰湿だが…

    焼肉だって、たまに食べるから美味しいんですよ(違)

  • これは分かりやすい。最後に著者自身の解説まである。今の時代だと一つの欲望が叶ったら、それよりも高い次の欲望が生まれる。それを繰り返して、最後には失望を味わう。そんな世の中になっちゃったね。それにしても藤原氏の権力は狐にまで及んでいたとはスゴい。

  • 景色の描写が味わい深く、とても美しかった。
    これだけで読んで良かったと思う。

    また、五位のなんとも言えないキャラクター。
    みすぼらしく惨めだが、それがいじらしい。同情をひくというか、庇いたくなるというか。
    ふつうおどおどしてばかりのキャラには反感を抱きそうなものだが、五位に対して愛着がわくのは、表現の力なんだろうなあ。

    結末については、自分なりの考えがあったのだけど、ほかのレビューにも納得。「欲望から解放された希望ある終わり」と「欲望を失い惨めな一生」、真逆の結末が生まれる。

    が、欲望を持ち続けたい心と、欲望からの解放は両立するのかもしれない。『地獄変』でも解釈が分かれるような仕掛けを使っていたが、この作品もそうだったりするのだろうか。

    長文なので詳細はブログに:
    http://haiiro-canvas.blogspot.jp/2015/08/blog-post_3.html

  • 夢は夢として残しておく方が幸せなのか
    手に入れると色褪せてしまうのが世の常

  • この人にとっての表現とは、自分なりに料理したものを提供することではなくて、材料を思いついたところまでなんだろうな。たぶんいつもそこがこの人の到達点できっと人生の終着点もそこなのだろうな。きっとそう生まれたんだろうな。

  • 小学生のときに文学全集で読んだきりで、この年齢になってようやく再読しました。
    小学生のときは芋粥の描写に心をつかまれて、それをきっかけに思わず芋類が好きになってしまったほどでしたが、今回読んでみて、景色の描写もとても詳細で美しくて、情景が目に浮かぶようでした。みじめに描かれているはずの五位のキャラクターにも愛着を感じてしまいます。
    ただ、読後はやるせなさが残り、もの悲しいような気持ちになってしまいました。

  • 思い焦がれ、手に入るわけないと思っていたものが、今まさに手に入ろうとする瞬間。心で思い描いているうちが、物足りなさはあるけれど一方で幸せだったんだと気づくみたいです。

  • 芋粥は、いじめで辛い。鼻もややいじめっぽくて辛い。
    でも芋好きとしては、この芋粥食べてみたい…。

  • 年に一度ふるまわれる芋粥を楽しみとする主人公。
    ただちょっと冗長かな。

  • 星四つ

全11件中 1 - 10件を表示

芥川竜之介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする