地獄変 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.78
  • (17)
  • (32)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 329
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (29ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 地獄変 芥川龍之介

    地獄変は大雑把に言うと良秀という男の話である。
    良秀という男は高名な絵師であり、その見た目は醜い老人のようであった。
    そんな良秀は一人娘がおり、娘は良秀には似ておらず愛嬌のある娘であった。そんな娘に想いを寄せている大殿。大殿はあるとき良秀に地獄変の絵を描くようにと依頼する。目で見たものを描きたい良秀は弟子などを使ってリアリティに溢れる地獄変を作り上げていく。良秀は最後に牛車の中で燃え上がる女性という描写を描くことができないため、大殿にその光景が見たいと申し出る。そんな依頼を受けた大殿は用意できたので良秀を山荘に呼んだのであった。そして良秀が中の女を見るとそこにいたのはなんと良秀の一人娘であった。初めはそれこそ悲しい表情を浮かべるも助けには行かず眺めていたのであった。
    なんとも残酷な話であるが良秀の絵に対する思いの強さが遠回しに伝わってくる。絵に対する思いが強いため娘を助けることも無かった。しかし良秀には人間らしい部分もあり絵が完成した後は娘を助けなかった自分の行動を見つめ直し自害してしまう。
    地獄変では奇妙な人間の心理を描いており、普通の考え方を失うほど何かに夢中になる素晴らしさ、または恐ろしさを描いているのである。

  • 芸術至上主義がテーマと言われている芥川中期の作品。地獄の絵を完成させるため、気が狂う良秀。最愛の娘が燃やされる様を見て、絵を完成させるも、地獄を目にして我に返ったか自殺する。
    猿の良秀は、良秀が芸術に取り憑かれていなかったら…という姿を現しているのだろう。娘のピンチを救った語り手にお辞儀をする姿や、火車に飛び込む姿が印象的。
    語り手が大殿様贔屓なので、大殿様の人物像把握が難しい。娘に拒絶された腹いせをするような残虐な人物なのか。大殿様の方こそが残虐なショーを好む芸術至上主義者なのか。はたまた、語り手が言うように、芸術に没頭する良秀を懲らしめたかったのか。
    ---その中でたった、御縁の上の大殿様だけは、まるで別人かと思はれる程、御顔の色も青ざめて、口元に泡を御ためになりながら、紫の指貫の膝を両手にしつかり御つかみになつて、丁度喉の渇いた獣のやうに喘ぎつゞけていらつしやいました。……
    この描写は、芸術家を貫く良秀を恐れを成したという解釈で良いのか。興奮しているようには、とりにくい。

  • 昔読んだけど久しぶりに再読。
    娘を手籠にできぬ歯痒さからか残酷な仕打ちをする大殿様と、伸ばした手を組み芸術をとった良秀。娘とお猿だけがただただ可哀想で悲しい。
    良秀は、己の罪か醜さか恐ろしさに気付いたのか、最後は自死するが、大殿様はどうなんだろう。語り手の爺さんは大殿様をお褒めあそばしてるけど、私はこの殿こそ結構な元凶だと思うし、世の中に「バチ」ってのがあるなら、殿様にも当ててほしいなだって思う。
    人間より、サルの方が賢く正しく感じられるのは、皮肉なのかなぁ。

    いやな予感だけが先走る、先々読めてしまうお話だった。

  • 芥川の古典もの。『宇治拾遺集』に原典が見られる(巻第三ノ六『絵仏師良秀家の焼くるを見て悦ぶ事』)が、ごく短い。物語の骨組は芥川の創作である。

    絵師、良秀は技こそ優れているが、性格が卑しく、吝嗇で高慢、そのうえ容貌も醜かったため、人からは忌み嫌われていた。猿にそっくりであることから、猿秀と陰口をたたかれる始末。絵に掛ける情熱は並々ならぬものがあり、罪人を描きたいからと人を縛めたり、怪しい獣を飼ったりして、弟子からも気味悪がれ、嫌われていた。
    一方、その一人娘は極めて性格がよく、かわいらしい少女であった。親思いで心優しく、素直で皆に愛された。
    物語のもう1人の主要人物は堀川の大殿様。位も高く、常人には計り知れない器量を持つ大人物であった。
    堀川の大殿は良秀の娘に目をかけ、屋敷に召し抱えている。娘を手元に置いておきたかった良秀はそれを不満に思っている。
    あるとき、大殿が良秀に「地獄変」(地獄の様子を描いたもの。地獄絵)の屏風を描くように申し付けたところから、悲劇の歯車が回り始める。

    奇怪で異様な話である。
    読み終わっても紅蓮の炎が脳裏を去らない。
    良秀の絵への執着をまずは見るべきなのだろうが、この悲劇が成立するのは、一人、良秀がいたためではない。大殿も娘の小女房も、深遠な闇を抱えていたように見えてくるのだ。
    芥川の別の有名作『藪の中』をどこか連想させる。登場人物たちの思いや視線は、互いに向かっているようですれ違い、永遠に交わることはない。虚空に置かれたねじれたベクトルのように。
    そして宙のどこかで彼らを見つめる芥川の視線もまた、孤独で冷たい。

    永遠の業火に焼かれるのは、誰だ。


    *『牛車で行こう!』の檳榔毛車で思い出しました。自分でもこれを思い出すのはどうかと思いますけど(^^;)。

  • 表現者としての業か人としての業か。何方がよりとして優るか。何処までも残忍に残酷になれるか。良秀と大殿様により遺された屏風絵「地獄変」その過程から炙り出される狂気の狭間に見える人から外れた人の形をした畜生。私の場合は大殿様の方がより狂った人と思える。まだ良秀の方が芸術家の矜持や作品に傾ける崇高さを感じさせるが、大殿様の私利私欲を満たす為に起こす行動の方が恐ろしさを臭わせる。いやはや人の浅ましさよ。怖い怖い。

  • 久々に芥川龍之介を読んだ。最後に読んだのはいつだろうと思ったら、多分第二回読書会『雛』以来なのではないだろうか?
    一言で言うならば「大殿様に”地獄変”の絵を描けと依頼された絵師・良秀が、その絵に熱を入れるあまり、実際の人物に地獄変に出てくる人物の様子を弟子などに演じさせ、最後には愛していた娘さえも絵の犠牲としてしまう」という趣旨の話。良秀は地獄変を描くために確かにみみずくに弟子を襲わせたり、蛇を部屋に潜ませたりしているのだが、最後の娘の犠牲だけは、良秀本人は「檳榔毛(びらうげ)の車が燃やしたい」と言っただけで、大殿様が中に良秀の娘を入れることを思いついた。良秀は、遂に地獄変の絵を完成させるが、その翌日に自ら縊れて命を絶ってしまう。

    この話は語り手である「私」から良秀や大殿様や良秀の娘の様子を描いている。また、「~と言われている」という『藪の中』にも用いられているあいまいな書き方・事実かどうかをあえてぼかしているような書き方や、まるで芸術至上主義に徹しているように良秀を描いておきながら、最後の最後に自殺させてしまう点が、何とも非常に芥川らしい。例えばだが、最後の部分で良秀が自殺しなかったとしたら、この話の私の印象は全く別物になっていた。だが、良秀が死んだことによって、この話は物語を物語として完結させようとしている感じが見られる。どことなく”いかに芸術至上主義に身をゆだねたように見える人間でも、娘を思う情はあるのだ”という風に読めてしまうのである。
    明治文学ばかり読んでると、確かにこれを斬新と思うような気がするし、実際私はそう思った。と同時に全体的に商品らしい商品・整えられた文学、という感じもあって、もう少し泥臭くてもいいんじゃないかと思わなくもない。

    加えて言えばこの話が出来たのは大正七年の頃。前時代となりつつあった自然主義から芥川が何か思うところがあったのかなと思う話であった。

  • 芸術のための芸術。

    炎熱地獄の屏風を完成させるのに愛娘が、犠牲になってしまった。
    至上の芸術家とは哀しい性なのか。

    良秀というあだ名が付けられた、お猿の存在が和ませてくれる。

  • 芸術家肌の人間って何か自分の心を抉られるようなこととか、物凄い人生に対しての寂しさとか己に対しての憎悪とかを感じないとどこまでも残酷になれるのかなと思った。それに気づいてしまったらもう生きていけない、生きるべきではないって思うんだろうな…。
    良秀が、一時の間手を伸ばしたことだけが読者の救いになった気がする。

  • 第5回(古典ビブリオバトル)
    チャンプ本

  • 良秀が如何に人であったか。器量のある者、それを取り巻く者、讃える者が如何なるものか。良秀が作品を創るにあたっての振る舞いは、決して天才ではなく真摯で努力家で。人は、理解のできないもの、不気味なものに、恐れを感じるもの。目に見える良秀の風貌出立や振舞いのそれらや噂話、それに似つかわしくないその力量に恐れを抱いている。それを受け留めることのできない人の浅さ。業火の中、焼死にゆく愛娘を如何ともできないその生き地獄。戻ることのできない愛娘の命の絶えゆく道を覚えゆけばゆく程、生き地獄は良秀の血肉となり、愛娘の死を悟ったとき、そうして愛娘を生かすことを覚えたのだろうか。良秀は受け止めた。そして生かした。良秀は受け止めた。そして、自ら死んだ。人の心を持つ良秀だった。愛娘とともに地獄変の中で生きることを選んだかのように感じる。醜く不気味で得体の知れないものを人は恐れ奇人変人扱いをするが、それは不覚なる者であることも多い。わかりやすいもの、人が安楽的に依るところのものを人は讃え易いが、その実は如何に。大腹中の御器量のあるお方というのはそのようなものなのだろうな。この物語を語る者はそれを自覚していながらもまだそのように振る舞う。或いは、それを読む人もまたそうかもしれない。平安も大正も今も、それは変わらないのだろうな。

全39件中 1 - 10件を表示

芥川竜之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

地獄変を本棚に登録しているひと

ツイートする
×