地獄変 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.69
  • (11)
  • (24)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 207
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (29ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 芸術のための芸術。

    炎熱地獄の屏風を完成させるのに愛娘が、犠牲になってしまった。
    至上の芸術家とは哀しい性なのか。

    良秀というあだ名が付けられた、お猿の存在が和ませてくれる。

  • これも芥川龍之介の代表作です。殿様が絵師・良秀に地獄変の屏風を描くように命じますが、その過程と結末がそれはそれは恐ろしいです。「芸術の完成のためにはいかなる犠牲も厭わない」姿勢が評価されているようで、それはわかるのですが、全く生きる指針にならない作品です。どうしてこのような作品が取り上げられ残ってきたのか、そっちの方に人間の怖さを感じます。

  • 残酷で後味悪かった。

  • 怖い。ひたすら怖かった。途中で結末は予想できたものの、そこに行き着くまでの流れ、表現、言葉選びがもうなんとも言えないくらいの恐怖。芸術家としての完璧なる作品を描きたい思いと1人の親としての子への愛。天秤にかけられること、それほどまでその絵を描きたかったのだろうか。それが芸術家なのだろうか。

  • 狂おしいほどに何かに向かって突き進むことの怖さと美しさが端的に表現された作品

  • ただただ狂気
    娘は可哀想
    猿も可哀想
    親父はどうでも良い

  • 平安時代の絵師 良秀が 殿様から「地獄の絵を描くよう」命じられ、地獄の絵を描居ていく話。
    良秀は変わり者で絵のためであればどんなことでもする人物。
    家族を失うほどのことがあっても芸術を優先する良秀の気持ちは理解できないものの、読んでいて惹きこまれた

  • いままで読んだことがなかったので読んでみた。

    天才とは狂気ということなのでしょうか。
    もうすこしこの作品については勉強したい。

  • 薄気味悪くて 恐ろしい、はずなのに
    なぜか 終始 滑稽な感じがしてた。

    最後の娘さんが焼き殺されちゃうところは さすがに 恐ろしかったけど。

芥川竜之介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする