羅生門 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.74
  • (35)
  • (63)
  • (55)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 707
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (8ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 芥川龍之介の羅生門、青空文庫で読了しました。
    厳しい状況にある平安の京都、羅生門で繰り広げられる生と死、善と悪の物語です。
    人は完全な善で生きることができるのか、考えさせられる一冊。
    昔読んだ児童書と同様に、時間を置いて再読すると新鮮な感じがしました。

  • 人はたった一人で生きている訳ではなく、他者との比較、交わりにおいて生かされているのだということをつくづく思い知る。

    人々の怨念渦巻く羅生門。
    そこには世の不条理をひたすら怨み死に至った者達の死骸が人知れず集まってくる。
    そんな真っ暗な死の闇の中に一筋の光を見た。
    生きる。
    他人を蹴落としてでも、生きる。
    僅かばかりの生の炎を灯す痩せ細った老婆でさえも。
    ただ己が生きるために。
    羅生門の下に着いた時は行き場もなく途方にくれていた下人であったけれど、羅生門の上へと上り詰めた先の下人の感情の変化に、生にすがり付く人間の生き様を見た。

    芥川の筆力には改めて感動した。

  • 読めば読むほど味が出てくるのが、過去に数々の名作を遺してきた芥川作品の醍醐味ともいえます。

    この作品もそれと同じで、今あらためて読み返してみると、学生の頃に読んだ時とはまた違った印象になりました。

    学生の頃に読んだ印象は、「老婆が自業自得というものを体現したような作品」という学生らしい感想です。

    一方で、今回読んだときは、「他人の悪を裁くことで自分の悪を正当化する。世界中の人間の誰しもが持ち合わせている業のようなものを悟った醜作品」という印象を受けました。

    また期間をあけて読むと違った見解が生まれそうで今から楽しみです。

  • おぞましい情景描写と、二転三転する下人の心理描写。このふたつの描写と、その絡まりあいがあまりに絶妙で、妙な現実感を醸し出している。

    たった10分程度でさらりと読めてしまう作品に、ここまでのものを盛り込める芥川龍之介の手腕は、やはりすごいと感嘆せずにはいられない。

    天変地異続きで、荒れ果てた京の都の羅生門。ここには、引き取り手のない死体が多数放置されている。この門下で雨宿りをする下人。主人に解雇されたばかりの彼に、行き場などない。いっそ、盗賊にでもなろうかとも思うが、そんな勇気も出ない。そのうち、雨足が強くなり、門の軒下では雨を凌げなくなった彼は、死体だらけの上階に寝床を求めようとするけど…。

    無情にも打ちつける雨。
    追い詰められている下人。
    醜く腐り、泥のようになった無数の死体。
    猿のような老婆。
    彼女がしている行為。
    下人と老婆の問答。

    そういった情景描写の中に、それらを受けて刻一刻と変化する下男の内面描写が挟まれる。

    最終的には吹っ切れたように悪に手を染める下男の姿は、その追い詰められている途中経過の情景・心理描写の見事さゆえに、責めるよりも、自分も同じ立場になればそうなんだろうな、と思わずにはいられない。

    初めて読んだのは、中学の時の国語の教科書でした。
    けれど、大人になって社会を知った今だからこそ、善悪なんて単純明快なものではなく、状況を理解してしまう、という複雑さで読むことができたと感じる作品でした。

  • 久しぶりに。
    正義の胡乱さ。善であることは難しい。
    生きるためには仕方がない、のか?

  • 「最後の良心が、はじける音をきく。」

     天災と飢餓に喘ぐ京の都。雨に煙る羅生門で、糧を失った一人の下人を決意させた出来事とは…。

     「羅生門」との出会いは中学の現国の教科書だった。教科書は学生自身が選べるものではないから、その中にある文芸作品との出会いは宿命的ともいえる。電子書籍購入にともなって芥川の作品をぼちぼち読んでいるのだが、数多あるその作品にはやはり万人向けとそうでないものがあるように感じている。

     そういう意味では、この分量の中に一人の人間がエゴイズムに走る心境の変化というものを的確に描いた「羅生門」は確かに人口に膾炙する名短編であり、人生の初期に出会う文芸作品として教科書に収録されていたことに今さらながら膝を打った。

     人として最小限の良心を持っていた下人が職を失い路頭に迷ったところで、続く天災で生きるか死ぬかという選択を迫られその良心の箍が外れるまでが劇的に描かれていく。その箍をはずさせたのが、羅生門の楼上で行き倒れとなった人々の遺体から髪を抜き取ろうとしていた老婆の論理であった。

     教科書でこれを指導された当時は、「自分さえ良ければ」という人間のエゴイズムを描いた作品、というようなことだったと思う。なるほど今読み返すと、羅生門を舞台としてここには、蛇を干魚と言って売っていた女、その女の遺体から髪を抜いて鬘を作ろうとした老婆、そんな老婆から着物を剥ぎ取る下人の「己が生きるために」というエゴイズムの連鎖が繰り広げられているのだ。

     同時に下人の心境の変化にも注目したい。冒頭、門の脚元でぼんやりと雨を眺めていた下人が、老婆の論理に負の勇気を得て闇に消えるまでのそれの、なんと克明に描かれていることか。読者はこのわずかな時間に下人の最後の良心がはじけるのを目の当たりにすることになる。

    「きっと、そうか。」

     老婆の論理を聞いた下人が老婆に向かって放ったこの一言に、良心のはじける音をきく。中学生当時の自分には決してきこえることのなかった音だ。そうして、はじけて粉々になった下人の良心は「黒洞々たる」闇に溶けて無くなった。

  • 浅学なもので羅生門が短編小説なのを知らなかったので、『下人の行方は、誰も知らない』の一文で終わったのには心底驚いた。
    人間誰しも正しく生きようとする心があって、でも自分かが生き延びるためならなんでもするというようなある種の逞しさを学んだ。
    下人がその後どう生きたか、知る由もないが、汚くても生きて生きて生き抜いて欲しいと思う。

  • 平安末期が舞台。鬱々とした気味の悪い情景が浮かんでくる。
    餓死するか、盗人になるかの選択を迫られる下人。人を悪にするのは、環境なのか、他人との比較なのか。自分の行為を正当化できる理由があれば、悪になってしまう人間の弱いところが書かれている。そして、自分のしたことは、また自分に返ってくる。そんな負の連鎖を感じさせる。
    外には、ただ、黒洞々たる夜があるばかりである。下人の行方は、誰も知らない。
    最後の2文が下人の今後を想像させる。下人は黒洞々たる夜に飲み込まれてしまった。

  • 今更言うまでもないが、下人の感情の機微の描き方はすごい。

  • 人のえぐみが描かれてて面白かったなあ

全63件中 1 - 10件を表示

芥川竜之介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

羅生門を本棚に登録しているひと

ツイートする