羅生門 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.76
  • (31)
  • (54)
  • (46)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 513
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (8ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おぞましい情景描写と、二転三転する下人の心理描写。このふたつの描写と、その絡まりあいがあまりに絶妙で、妙な現実感を醸し出している。

    たった10分程度でさらりと読めてしまう作品に、ここまでのものを盛り込める芥川龍之介の手腕は、やはりすごいと感嘆せずにはいられない。

    天変地異続きで、荒れ果てた京の都の羅生門。ここには、引き取り手のない死体が多数放置されている。この門下で雨宿りをする下人。主人に解雇されたばかりの彼に、行き場などない。いっそ、盗賊にでもなろうかとも思うが、そんな勇気も出ない。そのうち、雨足が強くなり、門の軒下では雨を凌げなくなった彼は、死体だらけの上階に寝床を求めようとするけど…。

    無情にも打ちつける雨。
    追い詰められている下人。
    醜く腐り、泥のようになった無数の死体。
    猿のような老婆。
    彼女がしている行為。
    下人と老婆の問答。

    そういった情景描写の中に、それらを受けて刻一刻と変化する下男の内面描写が挟まれる。

    最終的には吹っ切れたように悪に手を染める下男の姿は、その追い詰められている途中経過の情景・心理描写の見事さゆえに、責めるよりも、自分も同じ立場になればそうなんだろうな、と思わずにはいられない。

    初めて読んだのは、中学の時の国語の教科書でした。
    けれど、大人になって社会を知った今だからこそ、善悪なんて単純明快なものではなく、状況を理解してしまう、という複雑さで読むことができたと感じる作品でした。

  • 国語の授業で読んで衝撃的だった
    暗い
    臭い
    屈辱感
    嫌悪感
    目を背けたくなるような世界

  • 内容完全に忘れてました。‬許さない!とはじめは言いながら、都合の良い理由が見つかれば、自身の行動を正当化して同じ行為をしてしまう。彼の心の揺れ動きが肌感覚でわかる気がします。

  • 「羅生門的アプローチ」を説明するために。「羅生門的アプローチ」は映画「羅生門」に基づいた概念でした。

  • なんか学生の時、国語の教科書に載っていたのは覚えてるけど
    内容とか全然覚えてなかったので
    改めて読み直してみる。
    なんだかもう一言で言えばカオス!
    カオスだよ!
    人間極限状態になったら、こんなエキセントリックな感じなのかもしれない
    死ぬか生きるか散々迷って
    あーやっぱり死のうかなーと。
    そこで、いや!ここはどんなことをしても生きる!
    みたいな。
    もっと硬い内容だったかと思いきや、案外そうでもなかった。
    好き嫌いははっきりするかと。

  • 人はどうとでも生きられます。きっかけと言い訳があれば堕ちるのは簡単です。逆は知りませんけど。

  • 懐かしい思いで読みました。
    死体から髪をとる老婆と、強盗の主人公の話

  • 短編で10分ほどで終了。

    こっちは 後味の悪~い感じ。
    貧しすぎるって罪だなって思っちゃった。

    しかしながら、どんなに貧しくても 清く正しくいきましょうというのは
    建前で、本当の人間の本質は
    このお話に出てくる人々のようなものなのかもしれないな~。

  • 人が正義から悪人へと変わるエゴイズムを描いている。
    通常、悪人に変わるのはよくないが、これが命に関わる問題であるため様々考えさせられる。
    でも大震災ではこのような悪の誘惑に駆られず、東北の人たちは略奪などほとんど行われなかった。この点東北の人たちは意志が強い。日本人としてこうありたい。

  • なんだか、久しぶりに気色悪いという感情を抱いた。
    そして、強欲を感じた。

羅生門のその他の作品

羅生門の詳細を見る 羅生門 芥川竜之介
羅生門 羅生門 芥川竜之介

芥川竜之介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする