駈込み訴え [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
4.06
  • (43)
  • (33)
  • (32)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 402
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (20ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この作品は、太宰治の妻である美知子が太宰治の口述を筆記してできたものであり、「全文、蚕が糸を吐くように口述し、淀みもなく、言い直しもなかった」という美知子の証言がある。
    イエスを裏切ったイスカリオテのユダの心情が、太宰治独自の解釈で「ユダの独白」「ユダの訴え」という形で描かれており、その独白は実に愛憎入り交じったものである。イエスへの愛が深いからこそ見返りを求めてしまい、その見返りが得られないためにかえって憎しみが増大し、かと思えばさらにイエスを狂信したりと、イエスに対するユダの感情がコロコロと変わり、自分自身でもイエスを愛しているのか憎んでいるのか分からなくなっているという人間らしいユダの悲痛な訴えがひしひしと伝わってくる。その切羽詰まったように綴られ続けるユダの訴えを読んでいくうちに、ユダの人間味や寂しさなどが伝わってくる。本当にこんな気持ちだったのかもと思わせるような、ユダのとてもリアルな揺れ動く心理描写が、読み手の心を引きつける作品である。
    イエスを裏切ったのは憎しみからか、それとも愛情からなのか、自ら自問自答するようなユダの訴えが繰り広げられるが、最後にはユダが金への執着を見せ、イエスを裏切ったのは金のためなのだ、と自らに言い聞かせるような様子に、愛憎の果てに壊れていったユダの切なさやつらさを感じた。

  • 以前、太宰治の別の話でみたユダがキリストを売るところの口上にそっくり。
    ですがたぶんこちらのほうが長くよく描かれているのか?
    なかなか良い出来だと思いますがキリスト教関係者が見たらなんと言うのか・・・すこし気になりました。

  • 太宰治が解釈する、ユダの“主”に対する想い。

    溢れ出る感情を叩きつけるような、終始疾走感のある語りです。ユダの告白はキリストへの愛憎混沌を極め狂気に満ち、敬意と愛と嫉妬と怒りが二転三転どころではなく入り乱れる感情の忙しなさ。ふとそんな自分の感情の振り幅に動揺を隠せない様子がなんとも人間らしく滑稽で愛おしい。特別であって然るべきの自分を、なぜあなたは拒むのか。何故?どうして?
    この作品はあまり冷静に振り返らず、ユダの情念に引きずられるように自分も一緒にのめり込んで駆け抜けた方が楽しい。太宰にこういった自問自答して自棄していくような主人公を描かせると見事だなとしみじみ思います。

    とあるフレーズがとても粋だと思ったので引用。作中で見ると自己中心的極まりない発言なのであくまで単発として。
    「私は私の生き方を生き抜く。」

  • 聖人たちの名前が出てくる
    最後の晩餐
    元々貧しい商人
    同い年と共通点はあるはずなのに遠い存在
    好きとは。
    恋愛的なのか、束縛、尊敬
    死ぬ事を察している、裏切り者
    自分では殺すと思っていない
    女に好意を抱いた事ない、これはこれですごい
    嫉妬に狂う、めっちゃ早口で言ってそうw
    結局、ただの人だった
    なら殺してもいいか。
    どこまでも人は落ちる
    最後の晩餐の描写
    裏切り者の存在をキリストは理解していた
    どうしてパンを口に当てたか、薄々最初からそうなるようにキリスト、ユダとも導いていた
    好きだからこそ、思いが強いからこそ殺すしかない。
    最後の銀貨を受け取るやりとり、趣きがある
    イスカリオテ、裏切りの使徒

  • 中島敦の西遊記ものが大好きなんだが、なんとなくそれに似た雰囲気。中島敦の「悟浄歎異」では、沙悟浄が三蔵法師を「法師さまはどうしようもなく弱い、けどそれゆえに強い」(たぶんちょっと違う)と評しながら敬愛してやまない。今回の「駆け込み訴え」でもユダがイエスを「あの人には実際何にも出来やしないのだ。でも美しい人なのだ」と言って愛している。それで調べてみると、太宰治と中島敦は共に1909年生まれ、両作品の発表年も1941か1942頃、でとても近かった。もっとも中島敦は1941に病死していて、西遊記シリーズは死後の発表のようですが。ちなみに太宰治の自殺は1948。

    「駆け込み訴え」は、イスカリオテのユダの裏切りのシーン、ユダのひとり語り一本勝負の作品。いわゆる「人間としてのイエス・キリスト」もの。新約聖書に書かれた、イエスの行動の(現代日本人的に)解せない部分を、「ユダのイエスへの行きすぎた愛と献身」によって解釈している作品、としても読める。例えば、
    *イエスの行う数々の「奇跡」は、元商人であり実務能力に長けたユダのお膳立てによってはじめて為し得ていたことである。五つのパンと二つの魚で大群衆の飢えを満たすという奇跡、あれは実はユダが裏で苦しいやりくりをした上で食糧を調達していたのだ、とか。
    *ベタニアの家で食事をしたとき。忙しく働き回ってあれこれ給仕してくれた姉のマルタよりも、黙ってイエスの話を聞き、香油をイエスの体にかけ、自分の髪でイエスの足を拭った妹のマリヤを、イエスは庇う。ユダの言うには、このときイエスは美しいマリヤに対して恋のような感情を抱いていたという。
    *逮捕そして死が近づくにつれての、イエスの数々の強気発言(商いに汚れたエルサレムの宮は壊してしまえ、三日で私が建て直す、とか)。これらをユダは、イエスもやきがまわったと評し、幼い強がりをしているだけだと見抜いている。

    面白いのは、ユダ自身も、マリヤかわいいよなって実は思っていたところ。でも気高くあるべき、私の愛するイエスが、(私も抱いちゃったのと同じ)卑しい感情にほだされて、私の愛する気高いイエスとしてあるまじき発言をしているのを見て、ムラムラと、イエスへの殺意がわく。
    そして謎の強がり発言を繰り返すイエスを見て、もうこんなの私の愛する気高いイエスじゃない、いっそ私の手で殺し、私も死ぬ。と、ここまで行き着く。最後の晩餐でのユダの心の葛藤もみどころ。

    こういうイエスの描き方、いまの時点でキリスト教圏でどれくらい「タブー」度が高いのか低いのかわかりませんが、短いながらも読みごたえがあり、とても面白かったです。

  • 談話室で言及されていたので、読んだけれど、これ、短いけどインパクトある。太宰がこんな話を書いていたとは露知らず。イスカリオテのユダの視点からキリストを裏切る話を語っているんだが、これが説得力ある。ユダは心底キリストを愛していたのに、キリストがユダを裏切るように仕向けていた。深いよ、これは。

  • JCSを見たあとなので、ユダの悲痛な苦しみ、嫉妬、その裏にある愛を文章からひしひしと感じた。感情のジェットコースターのように、自分でも制御できないユダ。そのまま、劇場での姿に重なる。

  • 感情が止めどなく溢れて、整理できず、愛と憎しみが入り混じる。人間としてのユダとキリスト、信頼と裏切りと誇りと辱め。強烈な感情の起伏に気圧される。

  • 「自分こそがあの人のほんとうを知っているのに、あの人は自分のことをなにもわかっていない」と思っている というところが良かった

  • 最初から最後まで一人称、すごいな。
    これってBLなの?
    イエスに特別扱いされたい、好き過ぎて拗らせたユダ目線の話し?でいいんだよね。
    愛して過ぎて憎くなってしまうのが口調の変化でよく分かる。
    太宰治の文章は疾走感があって好き。

    • りまのさん
      ただ愛、だったのだと思います。
      ただ愛、だったのだと思います。
      2020/07/31
全62件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

太宰治(だざい おさむ)
1909年、青森県生まれ。本名津島修治。東京帝大仏文科に在学中、酒場の女性と鎌倉の海岸で心中を図り、一人生き残る。また、左翼思想に共鳴して非合法活動に加わり、大学を中退。1935年、「逆行」が第1回芥川賞候補となるが落選。腹膜炎治療時の鎮痛剤パビナールの中毒となって不眠・幻聴に悩み、東京武蔵野病院に1カ月入院する。1939年、井伏鱒二の媒酌で石原美知子と結婚。戦後は「斜陽」などの作品で流行作家となり、坂口安吾、織田作之助らとともに新戯作派、無頼派と称される。1948年、愛人の山崎富栄と玉川上水で入水自殺を遂げる。
 主な著書に『晩年』『女生徒』『皮膚と心』『女の決闘』『津軽』『右大臣実朝』『お伽草紙』『パンドラの匣』『ヴィヨンの妻』『斜陽』『人間失格』『桜桃』などがある。

「2021年 『黄金風景』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太宰治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

駈込み訴えを本棚に登録しているひと

ツイートする
×