人間失格 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.87
  • (128)
  • (155)
  • (125)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 1842
レビュー : 170
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (284ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 俳優 仲代達矢さん朗読のオーディオブックを聴いていて、本も手持ちして活字で読んでみたくなりました。この本の思い出というと高校の国語の先生が授業のたびに”太宰治”はいいとか好きだとか、連呼していたので高校の図書館で読んだのが最初だったかな。しかし、太宰治はなぜ、このような小説を書いたのか、そして、なぜこのような小説が戦後のベストセラーになったのかまだよくわかっていない。

  • クスリに手をだすと這いあがれない。

  • 太宰治の男なのに女のような文の書き方が好きです。代表作のこれは、何度も読み返しています。小説だけだと難しい方は、漫画の方も読むことをオススメします。

  • 何故「私」はこんな結末をむかえたのか?

    と、生い立ちや他者との関わりに因果関係を求めること自体が「私」にとっては気分の悪い考え方なのだろう。
    人の行く末を決定づける確固たる理由なんてないのだと思う。

  • 人間は、なにをもって人間を失格になるのか...
    太宰治が考える 人間らしさ が反面的に語られる一冊。

    旅路に文学作品は良く似合う。
    夏の旅行の友に、この痛烈なタイトルを手に取った。

    人を狂わす定石は、いつの時代も変わらない。
    女、金、酒、薬 をキレイになぞっていく展開。

    人との関係を達観して、
    侵食されない心の聖域を作った人こそ、
    その歪みに耐えられなくなるのかもしれない。
    つまり人間失格とは、強欲が齎らす破滅ではなく、
    人間特有の感情を無下にして生きることではないか。
    その結果が葉蔵であって、
    葉蔵の結果が、人間失格ではないと感じた。

    また、そんな道化の仮面を付けた葉蔵の心理描写を、
    筋道立ててロジカルに分析する描かれ方も面白い。
    それも、肩がこるくらい堅物でシニカルに。
    この表現が文学作品の心地良さでもある。

    本作を含めた所謂文学作品と呼ばれる作品たちが、
    1タップで、しかも無料で読める時代なのだから、
    これからは、旅の友に限定せずに、活用していきたい。

  • どうしようもない男が憎めなかった。
    何かにすがらないとどうしても生きていけなかった男が気の毒でもある。

    漠然とした自分自身の内面を言葉にしてもらった感じ。男に自分をみた。

  • 葉蔵の人間への恐怖心は幼い頃に下男下女から悪戯されたトラウマなのだろうか。
    道化に走って自分のうちにある恐怖心を誤魔化すことで、傷を隠して世の中を渡って行った歪みが、実家を出た後に形を変えて噴出して行く。そしてやがて人生そのものに大きな影響を及ぼして行く。

    最後にバーのママが、全部お父さんのせいだと語った。
    幼少期に葉蔵が負った傷は、家庭内に問題があったがゆえなのだろうかという想像が頭をよぎる。

    転落していく人生になったことについて、他責なのか自責なのかなんて、大きな問題ではなくて。
    人がそれぞれにもって生まれた性質を使いながら、周りの環境に対処して生きて行くのが人生なのだと思った。
    人生に良いも悪いもないですね。

  • 至高の1冊
    落ちるところまで落ちたい人は是非!

  • 私が言語化できなかったあんな思想をよく表現している、と思います。と同時に私は意外と普通の人間なんだなってちょっと失望しました。

    特に共産党の思想グループに出入りするのは、共感できるポイントです。未成年の飲酒によく似ています。あれは、お酒が本当に好きなのではなく、お酒を仲間と一緒に飲んでいる自分が好きなのです。この表現でも、やっぱり乱暴な表現に聞こえます。実際には、
    ・お酒を飲むことによって仲間から認められる
    ・ルールを破ることでオーソリティに従っていない、自由な感覚
    ・大胆な行動をとっても、大胆な行動を見ても、大丈夫。タブーと間違いが排除された空間



    わたしの学校は、開き直っている人が多いです。私は親譲りの小心者なもので、開き直ることが不得手です。やっぱり社会を生きていく上での損得を最初に無意識のレベルで考えてしまうそうです。

    なので、自分の考えや気持ちを伝えるのが、精いっぱいの開き直りです。

    高校までは、好きな音楽も、好きな本も誰とも共有したくありませんでした。思い入れが強すぎて、「私も」と言われるのが怖かったからです。これを「束縛が激しい」と表現するのは、乱暴すぎると感じます。
    社会の外と共存するために、自分が生きやすくなるために、社会の中にいるうちに、他の人が見出さないであろう美をなるべくいっぱい見つけておきたい、という心の表れです。

  • 退廃的なムードは漂っているが、さほど「失格」とは思われなかった。オペラの主人公の方が、よっぽど「人間失格」っぷりを示してきていると思った。

全170件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間失格のその他の作品

人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) 太宰治
人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする