人間失格 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.87
  • (126)
  • (154)
  • (120)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 1798
レビュー : 166
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (284ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 気が滅入るような内容です。終始生きづらさを感じ生きてきた1人の男の弱さ、悩み、葛藤がうつし出されています。素直にみると、ただの捻くれた面倒な人間にうつるかもしれませんが、彼自身が内に感じた心情はとても素直な物です。世間とは個人だと、世間という言葉を盾にとって他者を批判しているに過ぎない、これは彼が感じた物ですが、この感情自体も、抑圧され常に穿った見方をする彼だからこそ、出来事を適当に流さずに思い至った感情なのでしょう。味わい深い作品だと言えます。

  • 有名な小説だったが初めて読んだ
    葉蔵は男めかけというか、今でいうヒモの素質がめっちゃあるなあと思って読んでいた 面白い

  • 自堕落はともかくとして、この心理を否定できない自分がいる。

  • 中学生以来2度目。さすがにこの小説は内容の大筋を覚えていた。重く陰鬱な雰囲気だが、我々の年代ならかなりの人がこの作品を通り過ぎて来たはず。当時は実感できなかったエピソードも、年月が過ぎ、相当の部分を同様に経験してきてしまったかもしれない。

  • ほんと不器用ですね。周りのこと気にし過ぎ。
    そんなに気にするから生きるのが辛くなるのでは…と思うほど感受性が豊かで不器用な男。
    でも影のある男性って現代でも女性に人気あったりしますよね。
    わたしは遠慮したいですが。

  • 死んだらいいのに、そんなに生に執着してないんだったら、さっさと死ねばいいのに。

    は、そうか、だから、人間失格なのか。

  • 人間合格

  • 以前、読み始めてすぐ自意識の塊のような文体に気を削がれたが、今全く違う印象を受ける。
    次に読むときにはどのように読めるのか、恐ろしい小説。

  • 彼の代表作、と言われるだけあると感じました。
    大衆が読むために作られた、ある意味で疎外感を感じるような作品が多い中で、この本はなぜか自分のためだけに書かれたような気持ちにさせられます。
    本の中に、どこか暗雲を秘めたもう一人の私がいる、と。
    粘着感を持つような描写に心惹かれるのは私だけではないと思います。

  • こうなったらもうおしまいなんでしょうか。おしまいとは何を指し、誰が決めるのでしょうか。
    もし葉ちゃんなる人が私の身近にいたとして、私は、マダムの最後の一言と同じことが言えるでしょうか。
    ヨシ子が哀しい。

全166件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間失格のその他の作品

人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) 太宰治
人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする