人間失格 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.87
  • (126)
  • (153)
  • (120)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 1792
レビュー : 166
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (284ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 太宰治のダメ人間っぷりに興味を持って読んでみたが、想像通りとてもダメ人間だと思いました。けど、なぜか話にひきこまれてしまいました。たぶん、そこが太宰マジックで、人たらしなところなんでしょう。また、昭和の初めの頃の雰囲気も自分には新鮮でした。

  • 「走れメロス」しか読んでいないというのもなんなので、読んでみました。
    驚くほどの読みやすさ。主人公に対してどうこう思う暇もなく、失格までたどり着くような感じです。
    あとがきとか、こういう形式だとは知らなかった。
    おもしろいですね、読まず嫌いでした。

  • 取り繕い続けて後戻りできないところまで破滅した男の手記。共感できる人とそうでない人はくっきり分かれそうだが、自分の弱さや苦悩をここまで精緻に綴れるのは凄い。「ほんとうかい?」からの主人公の激しい動揺が心に残った。

  • 顔がよけりゃクズでも生きられる
    ワザ。

  • 幼少期は自分を偽って上手い具合に生きてきた主人公。モルヒネ中毒など、どんどん転落の道へ。暗ーい。

  • 今更ながら初めて読んだ。
    文章が綺麗だというのが一番の感想。
    他の作品も読んで見たいと思った。

  • 序盤からあまりの内容の重苦しさに読んでる途中で「あ、こいつ絶対物語の最後で自殺するな」って確信して、いつ死ぬのかなーって思っていたら予想外のラスト。でも読み終わってみたら納得のいく、というかしっくりきた終わらせかただった。多分、主人公がまわりの人(ヒラメや堀木)に今までの苦悩を労られて病院に入れてもらったと思いきや狂人の集まりのような病院に入れられたことで自分は人間ではない、人間失格なのだと認識して自殺してしまったらなんとなく私でも想像がつくような展開なので興ざめだったが、自分の人生を振り返る(まとめる?)シーンで終わらせるのはおしゃれだなーと思った。

  • 日陰者という表現が作中にでてくる。人間は、光と闇の人間に分かれるという話をきいたことがあるが、まさにそれだとはっとなった。道化にしても自然とそうなるというところに共感した。私自身も「人間失格」に近づいているのかもとか思ったり。太宰に惹かれる人がいる理由が少しわかった作品だった。

  • 2017/09/09
    読むのは2度目。日本語も、生きることもおぼつかない中学生の時に初めて読んだ。その時と比べると、意味が分かったし、含蓄のあることを言っていたと思えた。
    特にわくわくはしなかったけれど。だから星3

  • タブレットで初めて読んでみた本。紙の本では既に読んだことがある。

全166件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間失格のその他の作品

人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) 太宰治
人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする