人間失格 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.87
  • (126)
  • (154)
  • (121)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 1800
レビュー : 166
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (284ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 共感が謳われる現在において、読むべき一冊。主人公を偏屈と捉えることができる人は幸せ者。

  • 冗長な文章

  • 酒と女に溺れ続けた男の話
    美男子に生まれ、常に自分と皆を欺き続ける卑怯者

  • この本に救われた人間が何人いることでしょうか。僕もその1人だと信じています。生きていくことは全て恥です。恥を積み重ねていくことが人生です。それをここまでリアルに書き上げることができることに驚嘆します。ここまで本物だと思える本に出会えたことは初めてのことであり、とても幸せなことです。この本に共感してしまうこと自体が幸せかはわかりませんが、僕はこの本が胸の奥まで響いてしまう人間が好きです。

  • 高校の時にこの本を読んで、とても励まされたのをよく覚えています。なぜだ、、今となっては、もう、読み返さない方が良いだろう。

  • 主人公がリア充過ぎる

  • 最初に読んだのは高校生くらいのころでした。気持ちが悪くなり途中で読むのをやめてしまいました。又吉さんの「夜を乗り越える」から再度たどり着きました。世の中のことを少しだけ知ってから再度、一気に読みました。誰にでもある人間の闇の部分が描かれていることが分かりました。

  • 誰でもそうかな?自分の真実に近いように思うが、人間の本質なんて大なり小なり誰でもそうなのかもしれない。内なる自分と外に対する自分は違う。真実と偽り、どこかで踏みとどまるのだが、主人公は踏みとどまれなかっただけ。

  • う~ん、屑の屑による屑のための狂宴。
    あとがきを読むまで、太宰治の自叙伝かと思っていた。太宰以外にもこんな人物がいたのね。

    世界のあらゆる光を拒絶し軽蔑しながら、あらゆる闇を恐れて闇に染まりながら自分は他の人間とは違うのだと強弁する。ここまで徹底して自分本位の考え方しかせず、しかも他者に害悪を撒き散らし、自分は最低だ最低だと言いながら心の奥底では無垢な被害者意識に凝り固まっている。

    まあ誰だって、自分を特別に考えてしまう一面は持っていることは否定しない。そういうPERSONAと付き合い、良心と欺瞞の葛藤に修正悶えるのが人間であり、社会的動物なのだから。

    それを放棄した主人公、大場葉蔵はまさに人間失格という言葉がピタリと来る。

    まあ堀木(こっちはこっちでベクトルの違う屑だが、人間の負の側面を体現する屑ということで少なくとも「人間失格」ではない)のような人間に目をつけられたりと、同情の余地がないわけではないが、裕福な過程の末子に生まれ、兄弟姉妹は皆常識人として大人になっているし、手を差し伸べてくれる人間も(特に女性に)数多くいたあたり、むしろ普通の人間よりもはるかに恵まれた境遇というべき。

    結局誰が悪いわけでもない。「生まれてきてすみません」というだけのこと。
    多分生まれた時から既に人間ではなかったのだろうが、何処までこじれて、何処まで道を外れられるかという一つのモデルケース。

  • 10年ぶりの再読。何の感想もなかった10年前は何も読み取れてなかったんだなと実感した。

全166件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間失格のその他の作品

人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) 太宰治
人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治

太宰治の作品

ツイートする