人間失格 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.87
  • (126)
  • (152)
  • (120)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 1787
レビュー : 165
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (284ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これを読むのは何回目だろうか。憧憬、軽蔑、憎悪、諦観、いろいろな感情が混ざり合った不思議な気持ちに、いつもなる。自分からエゴや見栄をするっと抜き取って、甘ったれた可愛くて可愛くて仕方がない自分の抜け殻の頭を優しく撫でたいと願う私のように、太宰もきっとそんな気持ちで半ば酔いながら自伝じみた小説を残したのかなと思う。自分の心を解き明かしたくて日々日々考えるのだけど、この本を読むといつもこれ以上に自分を言語化できる本はないのだと実感する。自分の無能を棚に上げ、人という恐怖から半狂乱で逃げ惑う可愛い可愛い葉蔵。可愛くて可愛くて仕方なくて、読者は皆葉蔵に寄り添うのだろう。

  • 古屋兎丸の漫画『人間失格』を読んでから、太宰治の『人間失格』を読みました。そのため、ずっと両者の違いを意識しながら読む形に。

    漫画は舞台を現代に置き換えているので原作とだいぶ違いがあります。私が1番大きな違いと感じたのは、原作では幼い頃下男・女中に悪戯された過去をしっかり最初から告白しているが、漫画は最後薬物中毒になった際に支離滅裂な台詞の中その告白がされている所。
    薬物中毒になってからの葉蔵の独白が終わるまでも小説では割と短いですね。漫画では、薬物の怖さがこれでもかと描かれているので、読みながら顔が歪みました。各エピソードの描かれ方もだいぶ違うかな。
    ある人間が葉蔵の手記を見つけてしまい読み始める、という形態は同じものの、漫画の方が彼の人生を読み解くという体で劇的に描いているから違いが出るのでしょうね。
    にしても、この原作からあの漫画を産むとは古屋兎丸、改めて凄い。

    漫画は強烈な絵でもって読者はわかりやすく葉蔵の堕ちていく姿を見ることができるが、小説は全体的にあっさりしています。読み方によっては「で?何この男妾?ただのクズの話だな」で終わってしまいそうですが、最後のバーのママの一言と太宰治本人な人生がこの作品を名作にしている気がします。どちらも終わり方はパンチが効いてますが、小説のほうは本当に胸にくる終わり方で、私は好きです。

  • 道化を演じ、拒否できないヨウゾウの姿は今の日本社会に通ずるものがある。SNSで自分をよく見せ、人によって態度を変える現代の若者。上の者に素直に従い、我慢強く継続することを「良し」とし、斜めから物事を考えて自身の意思をもとに行動していくものを「変わり者扱いする」現代日本。主人公のヨウゾウは、そのポテンシャルの高さ故に周りとの違いを感じて孤独を覚えたが、資本主義社会において他人と自分に差がつき、「偏差値」が高くなればなるほど、分かり合う仲間が少なくなっていくことは当然のこと。分かり合える本当の仲間に出会えなかった、と言えばそれまでだが、そういった人に何らかの形で「出会える」というのも、才能だと思う。ヨウゾウは容姿も淡麗で賢かったが、人に恵まれなかったことが「人間失格」にまで至った原因だと思う。

  • 電子版「人間失格」を読みました。

    太宰治は暗いイメージが強くて今まで読む気になれなかったのですが、今回たまたま電子版で無料で読めることを知ってダウンロードしました。

    文学的には高いのかもしれませんが、精神衛生上あまりよろしくない。

    人によっては、この世界に引きずり込まれるのではないでしょうか。

    危ない危ない。

    途中、気分が悪くなって読むのを止めようかと思った程です。頑張って読み終えました。

    誰しも暗い内面を持っていて、「葉ちゃん」になる可能性はあると思うのです。私もあなたも…。

    読み終えて思った事は”なんて気の毒な人”と”自己確立の大切さ”です。

    人が好すぎるのは危険ですね。

    それは”無知”であることに等しいから。

  • なんかたまにふとあんな文あったなと思い出して、
    ページを探していると、こんなのもあったあれもあった
    と思ってるうちに結局最後まで読んでる。

    それを中学生でこの本を初めて読んでから、今に至るまで繰り返してる。

  •  罪悪感から身を破滅させていくのは本当につらい。罪を償おうとするが、その方法が「罰を自分に課す」or「罪悪感を感じ反省し続ける」の2通り。誰かが手を差し伸べてくれても、それで迷惑をかけたと思ってまた罪悪感を感じる。でも、この反応が正しいとも思っている。
     そうして次第に自己防衛本能が反発を開始する。そもそもそんなに罪だったのか、なぜ俺だけこんなに苦しまないといけないのか、もうどうでもいいや~っていう諦観も含めて様々な正当化を行い、一時反発するが、道徳観念(やはりこれは原理原則としか言いようがないぐらい本質的で強い。)に説き伏せられ、自己嫌悪に陥り、病む。そもそもが自分の犯した罪なんだから誰に反発しても八つ当たりしても解決しようがない。なんなら罪から逃げた罰で、さらに病む。
     結局罪悪感も自己防衛本能も目的は「自己の救済」なのに、二つが掛け合わさると、真逆の「破滅」に陥っていく。

     結局自分事として捉える傾向が強すぎる人に現れやすいと思う。よく言えば責任感が強いが、悪く言えば傲慢。なんでも自分でコントロールできると思ってるからこそ、何でも自分のせいにする。本当は様々な人間関係の中で、結果が現れるから責任は向こうにもあるはずなのに。

  • あぁ、
    太宰治すごい。
    初めて本に引き込まれた。
    こんな短期間で本を読み終えたのは
    いつぶりだろう。


    ページを捲る手が止まらなかった。
    涙も止まらなかった。


    主人公の気持ちがわかりすぎて
    辛いのに次を読みたい。って。
    この人はどうなっていくんだろう
    この人の最後はどうなるんだろうか


    この人の
    表現力と言葉の選び方…


    泥臭くて飾らなくて
    文字が生きている。


    とことん自分を追求してる。


    「一般」と言われる人間に
    なりきれず、理解者すら現れず。
    それでも期待せずにはいられずに
    そして期待をしてはまた裏切られてきた。


    優しすぎるあまり
    人を優先し続けてしまった人間の人生。


    だから自分すらも見失い
    「人間失格」
    の烙印を自分に焼き付けた。


    人、1人の人生が詰まってる。


    病気などの逆境に立ち向かう
    今流行りのお涙ちょうだいの
    感動ストーリーよりも人間らしい。
    実に人間らしい人間なのに…


    それすら
    「人間失格」


    人間の弱さや葛藤も
    深く自分を見つめる強さを感じた。
    酷く生々しい人間の生き様。


    太宰自身がモデルであったならば
    彼は確実に
    弱さを持った強い人間だったはず。
    弱さを知っているが故に
    弱い人間の立場がわかり
    優しすぎるあまり
    考え込んで引きずられてしまう。
    自分で気づいているのに
    やめることができない。


    見れば辛く苦しいはずなのに
    あえて
    自分から目をそらさなかった
    誰よりも強く優しく弱い主人公。


    あぁ、素晴らしい。

  • 社会に上手く適合できない人間の心の琴線に触れてあまりある人間失格。

    「こいつよりはましかと嘲笑するか、共感するか」

    人の闇、心を思うばかりで空恐ろしくなる。

    この悪魔の考え・視点に触れてしまったばっかりに太宰は自殺したのだろうか?

  • 久しぶりに読んだ。
    貪るように。
    何故か初見のように読めた。
    私の記憶の問題では…( ̄▽ ̄;)?
    いやいや、ここに太宰の凄さがあると思っている方が幸せ

  • 読了。人間が分からない、共感できない、と思う一方でそんな理解できない人たちから疎外、拒絶されたくはないんだな、と。人と関わることで他と自分が違うと感じ、孤独を感じつつも、そこに居場所を求めてしまう。そんなに苦しいなら1人で生きればいいのに。でもそれができない主人公。それが人間の性なのだろうか。
    自分が他人と違う、他人が理解できていないことを人に暴かれるのが怖い と初めの方にも書いてあったけど、その恐怖はなぜ生まれたんだろうか。
    コンビニ人間 の主人公のように、そうした方がめんどくさくないから というような理由とは違うとはわかる。
    その人自身が意見を通そうとするときに世間という看板を使う というのは今の世でもいつでもあるものなのかな。

  • 人間失格 読了

  • 青空文庫で読了。太宰治の分身のような葉蔵の半生です。読んでいて気持ちが滅入る一方、深く共感してしまう部分も多く、読むのが止められません。いま例えるとしたら、モルヒネのようなものです。20代で読んだ記憶、2010年に映画で観た記憶、どっちもぼんやりですが、どちらも気持ちが滅入ったのだけは覚えています。
     
    人間が持つ悩みや恐怖、色々あると思いますが、葉蔵は自意識過剰で全てが恐怖の対象になっています。なぜ共感できるかと言えば、私も潜在的にそんな想いがあるからなんでしょう。酒、女、タバコ、薬...程度の差はあれ、これらが人間の逃避先であるならば、現代にもリトル葉蔵は沢山いるとも言えます。
     
    自意識過剰は責める雰囲気を持つ言葉ですが、言い換えれば、人間が放つ氣を敏感に感じ取れる無垢な心の持ち主なのかもしれません。この作品から得られた事は確かにあります。でもうまく言葉にできません。ただ葉蔵の以後の人生が、今までと全く逆であって欲しいと願いたくなります。

  • 少年期の大庭葉蔵
    彼のお道化を憐れに思ったのは同時に
    自分に対するものでもありました
    但し其処には喜びや愛しさだって混在していたはず
    しかし大庭葉蔵は一切が人間不信でした
    読み進めていく中で機微の変化に触れつつも
    一貫してそれは存在し続け、

    ただ一さいは過ぎて行く

    という境地に達する彼の様が
    最後まで哀しかったです

  • 今さらだけど読んでみた。

  • 失格のアントはなんだろう…。一人一人、誰もが思い描く理想の人間。でも、理想は理想。つまり、誰もが人間失格。人間なんてそんなもんだよ。そう言われてる気がして、少し元気になれる。

  • ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。

    http://sommelierofbooks.com/fiction_nonfiction/dazaiosamu_ningensikkaku/

    太宰治の言わずと知れた代表作です。
     
    太宰治の自伝ともいわれる本作品。

    次の作品『グッド・バイ』が未完となったため、図らずも、完成した作品としては遺作となってしまった。

    この作品で太宰は、自虐的に薬漬けや女性に溺れる姿を描いている。

    果たして、それは本当に『人間失格』というレッテルを貼られるべきことなのか?

    むしろ、悩みに悩みぬく姿は他の人たちより、よっぽど人間らしかったのではないだろうか?

  • 道化でしか、生きられないよ。。。

  •  己の生涯で重ねた罪の全てを白日のもとへ晒すこと、これは並大抵のことではない。文の一つ一つに、己が精神世界の全てを曝け出すのだという執念を感じる。ここに書かれているどの程度が実話でどの程度が虚構なのかは定かではないが、あまりに痛々しい切実さによってしたためられたこの手記は、読む者の心をぐらつかせるのに十分である。
     いくらでも引用したくなる文が見つかるので、困りどころである。

  • 最初の方で感じた、あ、この人モテそうだなと思っていたので、そのモテそうな雰囲気が何となく感じられるのが面白かったです。
    また、()内がすごく長い書き方や、まるで本当に手記を手に入れたかのような書き方が好きでした。

  • 不思議な物語だった。 末路のあわれ

  • 俳優 仲代達矢さん朗読のオーディオブックを聴いていて、本も手持ちして活字で読んでみたくなりました。この本の思い出というと高校の国語の先生が授業のたびに”太宰治”はいいとか好きだとか、連呼していたので高校の図書館で読んだのが最初だったかな。しかし、太宰治はなぜ、このような小説を書いたのか、そして、なぜこのような小説が戦後のベストセラーになったのかまだよくわかっていない。

  • 葉蔵の人間への恐怖心は幼い頃に下男下女から悪戯されたトラウマなのだろうか。
    道化に走って自分のうちにある恐怖心を誤魔化すことで、傷を隠して世の中を渡って行った歪みが、実家を出た後に形を変えて噴出して行く。そしてやがて人生そのものに大きな影響を及ぼして行く。

    最後にバーのママが、全部お父さんのせいだと語った。
    幼少期に葉蔵が負った傷は、家庭内に問題があったがゆえなのだろうかという想像が頭をよぎる。

    転落していく人生になったことについて、他責なのか自責なのかなんて、大きな問題ではなくて。
    人がそれぞれにもって生まれた性質を使いながら、周りの環境に対処して生きて行くのが人生なのだと思った。
    人生に良いも悪いもないですね。

  • 至高の1冊
    落ちるところまで落ちたい人は是非!

  • 私が言語化できなかったあんな思想をよく表現している、と思います。と同時に私は意外と普通の人間なんだなってちょっと失望しました。

    特に共産党の思想グループに出入りするのは、共感できるポイントです。未成年の飲酒によく似ています。あれは、お酒が本当に好きなのではなく、お酒を仲間と一緒に飲んでいる自分が好きなのです。この表現でも、やっぱり乱暴な表現に聞こえます。実際には、
    ・お酒を飲むことによって仲間から認められる
    ・ルールを破ることでオーソリティに従っていない、自由な感覚
    ・大胆な行動をとっても、大胆な行動を見ても、大丈夫。タブーと間違いが排除された空間



    わたしの学校は、開き直っている人が多いです。私は親譲りの小心者なもので、開き直ることが不得手です。やっぱり社会を生きていく上での損得を最初に無意識のレベルで考えてしまうそうです。

    なので、自分の考えや気持ちを伝えるのが、精いっぱいの開き直りです。

    高校までは、好きな音楽も、好きな本も誰とも共有したくありませんでした。思い入れが強すぎて、「私も」と言われるのが怖かったからです。これを「束縛が激しい」と表現するのは、乱暴すぎると感じます。
    社会の外と共存するために、自分が生きやすくなるために、社会の中にいるうちに、他の人が見出さないであろう美をなるべくいっぱい見つけておきたい、という心の表れです。

  • 退廃的なムードは漂っているが、さほど「失格」とは思われなかった。オペラの主人公の方が、よっぽど「人間失格」っぷりを示してきていると思った。

  • 学生時代以来の再読。

    他人が何を考えているか分からず、肉親にも恐怖を感じている男が道化を演じて少年期を生きてきたが、生来の美貌から高等学校の頃から女と酒にはまってしまい、親にも見捨てられ、最後には薬物に助けを求めるという話。

    恵まれた環境に生まれながらも階段を転げるように転落していく人生。何とも言えない読後感が残った。

  • 初めて読んだんだけど納得のクズ人間だった。
    お宅はどちらですか?からの、男めかけみたいな生活をしました、のテンポに笑ってしまった。
    ここまでクズ男を芸術に昇華できる文学ってすごいな。

  • 久しぶりに読書をした。

    「人間失格」

    もともと、Kindle Unlimited・青空文庫のおかげで読み放題。なんとなくダウンロードされていたので、Kindleで再読。
    すっかり忘れていたことにびっくりした。そういえば、夏目漱石「吾輩は猫である」でさえうる覚え。しかし、この本に関しては、読んだ覚えがないくらいだ。
    とにかくそんな自分の記憶力なさにびっくりした。

    読み終わった後に、みんなはこれを読んでどう思うんだろう。なんてみんなの感想を知りたくなった。もちろんググった。そしたらば、某町で行われている読書コンクールで中学生が「人間失格」の感想文で賞をとっていた。
    その感想文は、初老を迎える私なんかを尻目にしっかりとした文章で、この本を評していた。ざっくりいうと彼は人間失格ではないと。

    私は、これを通して著者は何を言いたいのかとそれを想った。
    本の中の「私」は、自分を幼い頃から変わっていると思っていた。その心の中を記した。その心の中をみるに彼は稀に見る繊細な子供だったんだろうと感じた。幼い子にトラウマが課せられ、人の目を気が狂いそうになるくらい気にして自分を見事に偽って生きている。むしろその徹底ぶりにこの人は弱いんだか強いんだか全然わからなかった。

    時代が時代で、精神科病棟は「脳病院」と言われている。
    太宰治が現在生きていて、「人間失格」を書き直すとしたら、中学生が読める文章ではないくらい時代が変わっているんだろうと思う。

    自分自身を「人間失格」だと称した「私」は多くの人からみれば、人間失格ではないのだろう。私も同じだ。でも、そう思うのは何故か。
    この世の中もっとその烙印をおされてもおかしくない人がいるからだと私は、思う。
    私が失格かどうかの是非はさておき、
    現代の人間たちと比較すれば、「私」より人間失格と言われる人が増えた。
    著者もあの世で驚いているかもしれない。
    そして、もう100年後、この人間失格な「私」は

    もっとひどいヤツはいる、人間失格とまではいえない。
    こんなヤツは失格どころか人間としてうまれてくるな。

    極端だが、どちらと評されるのか。
    そんなことを考えた。

    あと、アニメ「銀魂」のあとに読んだもんだから、テンションダダ下がりした。
    心が弱くなったのか。もう少し気合いでもいれて読めばよかった。ライトノベル感覚で読んだものだから、逆にすんなり感情移入ができてしまった。自分だったらと。
    ここまで逃げ続けることはしないと思うけれども。逃げ続けた男。これだけ自覚してるんだから、自覚しないよりはマシなのだろうか。いや、自覚あるなし関係なく逃げ続けた。
    失格かどうかはわからないけど、人より自分が大事で逃げ続けた「私」に関しては不憫ではあるが、今の私には同情すら覚えない。

  • 金持ちボンボンが、左翼か右翼?の活動のち不登校になり、勘当され、色んな女に手を出しては退学になったり、入水自殺未遂して死にきれず愛人に先立たれたり、アル中のちヤクに手を出す始末。喀血?病気?で血を吐くしね。

    仕舞いにゃ若い娘に手を出して結婚するも、奥さんがレイプされたショックで?精神崩壊?

    リアルに居たらめんどくせー男の話し。
    太宰治がこの物語を執筆して翌年?に入水自殺を愛人としてるのん?
    まるでマジもんの人間失格野郎だ。

  • 心に響いた。難しいなあ、人間て。

全165件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間失格のその他の作品

人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(シニア版)) 太宰治
人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 人間失格 (青空文庫POD(ポケット版)) 太宰治

太宰治の作品

人間失格に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

人間失格を本棚に登録しているひと

ツイートする