桜桃 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.25
  • (6)
  • (14)
  • (20)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 192
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (8ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 桜桃忌

  • 太宰治の命日を「桜桃忌」と言い、晩年に書いたこの小説にちなんで命名されました。さてその小説は、夫婦喧嘩の話でありながら、自殺や死をほのめかすような雰囲氣を強く感じます。まさに人間の闇を感じます。「私は、悲しい時に、かえって軽い楽しい物語の創造に努力する」の一文、太宰の比較的軽やかな作品は、その逆の心境の時に書いていたのかと思うと、ショッキングでさえあります。
     
    「子供より親が大事」「涙の谷」等のいくつかキーワードがありますが、何気に「いつでも、自分の思っていることをハッキリ主張できるひとは、ヤケ酒なんか飲まない。(女に酒飲みの少いのは、この理由からである)」に目が留まりました。昔から「酒・タバコ・女」は人生の堕落の象徴、そして依存性のある逃避先で、そこから真の幸せは生まれない、もっと現代人は過去から学ぶべきと思いました。

  • 太宰治の自分の内面の正直な描写には感心する

  • 能登麻美子お話NOTE

    彼の純粋さに見えるものは、自分の存在をいぶかしく感じるほどの空虚さなんだ。

    この作品が発表された年に死んだのか。

    芥川龍之介と太宰治をごっちゃに考えてた。

  • 私小説なのか、日記なのか、私的エッセイなのか、よく分からないが、小説家の自宅における気詰まりな暮らしを叙述するだけで一編の小説になるから面白い。さすがは太宰。

  • 「太宰は常識の人柱だったかもしれない。」

    夏のある日、三畳間で幼い3人の子供と食卓を囲みながら、妻とざらざらとした応酬をする「私」。やがてその空気から逃れるように家を飛び出し入った飲み屋で出された桜桃の味とは。太宰治がその死の直前に書き、命日「桜桃忌」の由来ともなった作品。

    ・父としてあるまじき「子供よりも親が大事」と公言
    ・子育てに大変な妻を前に家事も手伝わず冗談で紛らわす
    ・大して数をこなしているわけでもないのに仕事を理由に家に帰ってこない
    ・酒飲み
    ・若い女友達多数

     短編にもかかわらず、太宰の自白による駄目ポイントは枚挙に暇が無い。これらに心の中で言い訳をしながらフタをして、最終的にその場から逃げるように家を出る。そんなシチュエーションの中で、子供にさえ食べさせたことのない桜桃が美味いわけがないのだろう。その一粒一粒がことごとく自身の駄目ポイントと化す。

    〈しかし、父は、大皿に盛られた桜桃を、極めてまずそうに食べては種を吐き、食べては種を吐き、食べては種を吐き〉

     駄目な男の告白と読めばそれまでだが、世間がいうところの「父として、夫として、男としてこうあるべき」という姿は、まあ一般的に出来ていない人間が多いからこそ言われることなのでしょうね。

     今は情報の発信も自由でその分、世の中には様々な夫婦が在って、皆が皆完璧な夫や妻ばかりではないこともわかってきたから、もちろん人にもよるが、こういう告白をされてもそれほどびっくりはしない。

     でもまだ個々の家庭の事情などは一切表に出ず「あるべき姿=当たり前」と信じられていた時代には、太宰の告白は世間に衝撃を与え、一方で密かな共感を以って迎えられたのではないかと想像してみる。

     ある部分では太宰的な駄目ポイントを抱えた人も、普通はそれを自らの中に封印して、当たり前の常識人を装うことをしている。それは現代でも、多かれ少なかれ皆しているはずだ。太宰治はそういうことが出来ない不器用な人だったのではないのだろうか。皆が口にはできない駄目ポイントを太宰は代わりに抱えて逝ったのかもしれない。

  • 身も蓋もない太宰。

  • これもショートショート。
    自殺寸前の作なのに、【グッドバイ】同様ユーモアに溢れている。
    太宰はサービス精神旺盛な人間だと常々分析していたが、ここで彼自身がその通りだと独白している。
    切羽詰っているのに、読者を笑わそうとしている。
    殆ど自分自身の私生活のことを書いて切り売りするスタイル。
    自堕落なくせに、やたら義理堅い。
    そんな相反する自分の性質に挟まれて、結局現実から逃げようとする。
    逃げる先が、酒か、女か、薬か、その全部か。
    主人公に「(子供より)親が大事」とつぶやかせているが、本当のところ、家族を養わなければならない宿命を持った父親が一番大事だと心の中で叫んでいるのである。
    まあ、家族の重圧から逃れるために、自殺しようと思う父親はいないと思うが、家族を持つ父親ならこの話の内容には共感を覚えるはずだ。
    ちなみに、桜桃(おうとう)はさくらんぼうのことで、氏の間際に書かれた本作により、彼の誕生日であり、遺体が発見された日を「桜桃忌」と呼ぶそうだ。

  • 私の友達が熱意をもって勧めてくれた最初の太宰作品。

    「桃を、食べる。太宰治のそれだけの短い話があるよ」

    なんだそれは、と食いついてしまった。
    友達は勧めるのが上手い。
    というか、原作読むよりも、
    友達からの伝聞のほうがオモシロく編集されている。
    なので、まんまと友達のサジェストにのって原作を読むと、
    全然違うじゃんか!!ということ多々あり。

    勧めてくれた友達は、汗をかいて苦労する妻が
    「胸の谷間に涙の滝」と答える場面の、その表現がいいのだと言った。

    原文は
    “ 「この、お乳とお乳のあいだに、……涙の谷、……」“ だった。

    やっぱ違うじゃないかw
    そして一文のインパクトで勝負だったら、
    「胸の谷間に涙の滝」のが語呂いいじゃないか笑

    私は、
    “子供より親が大事、と思いたい。
    子供よりも、その親のほうが弱いのだ。
     桜桃が出た。 子供たちは、桜桃など、見た事も無いかもしれない。
    食べさせたら、よろこぶだろう。父が持って帰ったら、よろこぶだろう。
    しかし、父は、大皿に盛られた桜桃を、
    極めてまずそうに食べては種を吐はき、
    食べては種を吐き、食べては種を吐き、
    そうして心の中で虚勢みたいに呟く言葉は、子供よりも親が大事。“

    の表現が、ものすごく好きです!

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小説家。 本名は津島 修治。昭和前期に活躍し、現在も絶大な人気を誇る作家。代表作は『津軽』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』など。表題作の『走れメロス』は、中学校の教科書で今も親しまれている。本書に同時収録の『駈込み訴え』『富嶽百景』『親友交歓』もいずれ劣らぬ名短編である。

「2020年 『大活字本 走れメロス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太宰治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
太宰 治
芥川 竜之介
太宰 治
坂口 安吾
芥川 竜之介
三島由紀夫
太宰 治
夏目 漱石
芥川 竜之介
太宰 治
夏目 漱石
谷崎潤一郎
泉 鏡花
夢野 久作
太宰 治
芥川 竜之介
芥川 竜之介
太宰 治
太宰 治
芥川 竜之介
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×