よだかの星 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.96
  • (17)
  • (20)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :155
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (8ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この話は、「よだかは、実にみにくい鳥です。」という、身も蓋もないような突き放した書き出しで始まる。

    よだかは自分が醜いことを自覚しており、いろんな動物たちや太陽や星に煙たがられ、さらには地の文からも突き放されてしまう。
    よだかはみんなに疎まれけなされてもだいたい反論はしないんだけど、唯一、鷹に「名前を変えろ」と言われた時だけ「それは嫌だ」と反発する。
    恐らく、今まで誰かに何かしてもらったことがないであろうよだか。唯一神様に「貰った」名前こそが、アイデンティティーだったのかもしれない。
    しかしその名前さえも他者から否定されてしまった。
    よだかはついに、「生きるために他のものを食べること」にさえ、罪悪感を抱くようになる。
    「生きていて申し訳ない」みたいな感覚を抱いてしまうよだかの様子は切なかった。
    それで、「遠くに行こう」と決心したよだかは、弟であるカワセミにだけ別れを告げて空へ旅立つ。
    地上では疎まれ蔑まれ続けたのに、それでもすんなりと空へ行くことはできない。
    太陽に拒まれ、星たちに拒まれ、身体じゅうが痛めつけられても、なお、もがき苦しむ。

    賢治は熱心な仏教徒だったようですが、最後の飛翔シーンは解脱するまでの苦しみが描かれているのでしょうか。
    そいう苦しみを経て、最後の最後にようやく星のように輝いたよだかは今でも空で燃えていて、よだかを蔑んだ者たちも、そうでない者も、平等に照らしている。
    他者に否定され続けたよだかの悲しみは書かれているけど、よだかが相手を恨んでいるとは感じなかった。そこが更に切ない。

  • 悲しーい話。

  • 宮沢賢治はやはりとんでもなくロマンチストだなぁーと思う。
    シリアスとの対極をいっているというか。

  • 絶望のお話なので、結構切ない印象を受けました。

  • アイデンティティさえも奪われるよだかが切ない

  • 娘が劇でやったのを思い出して読んでみました。悲しくも美しいいかにも宮沢賢治という作品でもっと若い頃に読んでおけばと思いました。

  • 2013/01/28
    2016/08/10
    ※青空文庫「よだかの星」

  • 映画「さいはてにて」に出てきてうろ覚えだったので、読み直しました。

    生きることを全否定するのは哀しくて、そして腹立たしくもあり、そう思ってしまったよだかを責める気に全くはなれないし、私もおそらく絶望してしまうだろう。
    よだかは星になって後、幸せになったのだろうか。

  • 宮沢賢治の小説の中でも特に好きな小説。この小説に出て来るよだかの様にいきたい。

  • 悲しく美しい

全14件中 1 - 10件を表示

宮沢賢治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

よだかの星に関連する談話室の質問

よだかの星はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

よだかの星を本棚に登録しているひと

ツイートする