高野聖 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.67
  • (6)
  • (26)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (51ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 予想外だったりスピーディーな展開の小説は面白い。けれど、たとえそれらを欠いていたとしても、徹底的に選び抜いた美しい言葉と巧みな構造で独自の世界観を築き上げれば人を惹きつけることはできる。
    泉鏡花を読むたびにそれを実感している気がします。

    敦賀に向かう汽車の中で言葉を交わし、同じ宿の同じ部屋に泊まることになった若者と中年の僧侶。眠れない若者は、僧侶に諸国を歩いて体験したおもしろい話を所望する。
    そこで僧侶は、若い時分に飛騨の山越えをした折の不思議な体験を話す…。

    ストーリー自体は正直、読んでいる途中で結末がわかってしまう、日本昔話にあるようなお決まりの怪談というか怪綺談です。

    それなのに、いかにも鏡花らしい、絶妙に配置した言葉によるリズミカルな文章の美しさと、目の前に映像が浮かびあがるようなきめ細やかな情景描写、そして、幻想と現実を絶妙なタイミングで行き来する「語り物」の構造の見事さがあわさって生まれる妖艶な世界観に引きつけられて、グイグイと最後まで読んでしまいました。

    百物語のお決まりの一編を、言葉選びと雰囲気づくりが上手な噺家さんにしてもらえる、ぐらいの気持ちで楽しむといい作品。

  • 現在は冬、回想は夏。蛇や蛭の描写や女の艶めかしさなど非常に映像的。
    体言止めもリズミカルで独特の雰囲気がいい。
    リアリティラインも絶妙。

  • お嬢さんのパワーが圧倒的で、でもそれにしても坊さまったら思い詰めるのが早すぎでしょう。「女の色香の魔力」の話なんだと思うけど、お嬢さんの境遇が気の毒で。せっかくの特殊能力なんだから使ったらいいよ!って思った。

    蛭のシーンは実に気持ち悪くてよかった。

  • 電子書籍、無料でこういうの軽く読めるのはいいわ。ちょっとした空き時間でなんとなく読んでしまった。昔の日本文学も、いいねぇ。薫りが良い。

  • ある男性が、列車に乗り合わせた高僧に昔の話を聞く…というていで話が始まる。

    若い修行僧だった宗朝は、飛騨から信州へ山越えをしていた。
    休憩したふもとの茶屋で富山の薬売りに出会うが、薬売りは一足先に山へ踏み込む。
    地元の人間からその道は危ないと聞いた僧は、そのことを伝えに薬売りを追いかけるが、蛇やヒルなどがうじゃうじゃ。
    何とかそこを抜けると一件の家に辿り着く。
    そこには年増だが美しい女と、どこか抜けた様子の男が住んでおり、別の男に馬を売りに行くように頼んでいた。

    女は宗朝を泊めてくれるという。その厚意を受けることにした宗朝。女に連れられて川へ体を流しに行く。
    女はそこで素肌を晒し、宗朝を惑わせる。女の肢体にはコウモリやヒルが纏わりつくが、家に着いてからも色香に酔う宗朝。
    水浴びから帰ってきた宗朝を見て、馬売りの男は「もとの体で帰ったのか」と不思議な事をいう。

    その夜、宗朝は家の周りを鳥や獣が二十も三十も取り囲んでいるような異様な気配を感じ、女の怪しい声も聞く。
    宗朝が一心不乱に経を唱えるとやがて気配は静まり、女も静かになった。

    翌朝、宗朝は一夜の礼を言ってその家を発ったが、女の色香が忘れられず、引き返そうとする。
    しかし、そこで馬売りの男と出会う。男の口から、女の正体が語られる。
    女はもともと医者の娘だったが、不思議な力を持ち、あそこに住むようになった。色狂いで、水浴びしながら男を弄び、やがてその姿を獣へ変えてしまうという。
    昨日連れていった馬は女の魔力によって姿を変えられた薬売りの男。女にまとわりついた動物たちも姿を変えられた男たちの成れの果てだった。
    それを聞いた宗朝は、女への想いを捨て去り、山から抜け出す。

    僧侶であるはずの宗朝が、女の色香にすっかりやられている。
    全体的に不思議な感じなのに、私的にはどこかコミカルさが感じられた。
    宗朝の煩悩(食事が粗末だったとか、女と一緒にいる男が莫迦すぎるとか)が割とあけすけに書かれているせいかも。

  • これぞ怪談!

  • 怪談ですな。旅僧がむかしの体験を作者に語ってきかせるという趣向。

    内容はともかく、おびただしく振られたルビを括弧書きにくくりだしているのは読みにくい。他にやりようないのかね。

  • 迷い込んだ家に住んでいたのは、男達を動物の力に変える力を持った女でした。白痴の夫が印象に残った。

  • 個人的には、歴史上で泉鏡花が最も美しい日本語を操る作家だと思っている。
    独特な文体が、より非現実的な世界観を生み、高野聖の不気味さを生み出していると思う。

  • 青空文庫

    やっと泉鏡花が読めるようになった。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

泉鏡花(いずみ きょうか)
1873年11月4日 - 1939年9月7日)
石川県金沢市生まれの小説家。本名は「泉鏡太郎」。明治後期から昭和初期にかけて活躍。尾崎紅葉『二人比丘尼 色懺悔』を読んで文学を志し、上京し本人に入門、尾崎家で書生生活を始める。師弟の絆は終生切れることがなかった。
1893年、京都日出新聞に真土事件を素材とした処女作「冠弥左衛門」を連載。以降、『夜行巡査』、『外科室』、『照葉狂言』、『高野聖』、『婦系図』、『歌行燈』などの作品を残す。1939年に癌性肺腫瘍のため逝去、雑司が谷霊園に眠る。その後1973年に「泉鏡花文学賞」が制定され、1999年金沢に「泉鏡花記念館」が開館。

高野聖のその他の作品

高野聖 オンデマンド (ペーパーバック) 高野聖 泉鏡花
高野聖(ゴマブックス大活字シリーズ) オンデマンド (ペーパーバック) 高野聖(ゴマブックス大活字シリーズ) 泉鏡花
高野聖 Audible版 高野聖 泉鏡花

泉鏡花の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

高野聖を本棚に登録しているひと

ツイートする