文字禍 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.85
  • (11)
  • (14)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (12ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 文字の精霊について。
    あんまり文字を見つめすぎたために不調を起こした文字の精霊について研究する老博士。
    その末路。
    一つの読み物として面白かったです。
    ですが最高評価をつけるほどのものではありません。

  • 「人々は、もはや、書きとめておかなければ、何一つ憶えることが出来ない。文字が普及して、人々の頭は、もはや、働かなくなったのである。」
    「武の国アッシリヤは、今や、見えざる文字の精霊のために、全く蝕まれてしまった。」

    書物による圧死という最期といい、このはなしは考えれば考えるほど深みにはまって、まさに文字の精霊の思うつぼ。

  • 文豪作品を読むということは、思い立たなければあまりないのですが
    入院している今をいい機会に、青空文庫で少しずつ。
    中島敦作品は初めて読みました。

    ゲシュタルト崩壊と文字に取り憑かれて死んで行った博士のお話。
    同タイトルの、円城塔さんの小説を一度読んだことがあるのですが(読み途中)、
    もともとはこういう話だったんだ、と思いました。
    円城塔さんの作風が独特で。
    これを読んだので、もう一度円城塔作品にも挑戦したい。

    文字や言葉には魔力がある、魂が宿るという考え方はいつからあったのだろう。

  • おもしろい。
    時代設定がよい。
    誰でも一度は思ったことがあるはず。
    私は「の」がなぜ「の」なのかで小学生の頃悩んだ。
    「わ」と「れ」もなんで逆じゃいけないのか考えた。

  • エジプト文字はモノの影を模して作られた
    って書かれててプラトンのイデアを思い出した
    文字がイデア界と現象界を繋ぐのかなと思った
    哲学詳しくないからもっと調べてからまた追記する
    面白かった

  • 文字に祟られたというべき人の物語。

  • ブンゴウメール11月前半の配信作品。

    著者の作品はひとつも読んだことがなかったけど、読みやすい文章でした。

    でも内容は“その感覚わかる”という部分と、考えすぎて頭の中ぐるぐるしすぎてわからなくなる部分が混在。

    紙の本でまとめて読み返してみたいかも。

  • 文字中毒。

  • 『文字渦』を読んでこちらを思い出し再読。文字の禍ということで文字が人間に禍をもたらしていく内容。舞台が図書館から始まるのがすき。文字には不思議な力がある…

  • 何度、読んでもおもしろい。
    心あたりがあるから?

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中島敦

一九〇九年(明治四二)、東京・四谷に生まれる。三〇年、東京大学国文学科入学。三三年に卒業し、横浜高等女学校に国語科教師として就職。職の傍ら執筆活動に取り組み、「中央公論」の公募に応じた『虎狩』(一九三四)で作家としての地位を確立。四一年七月、パラオ南洋庁国語編修書記として赴任。持病の喘息と闘いつつ『山月記』『文字禍』『光と風と夢』等の傑作を書き上げる。四二年(昭和十七)、職を辞して作家生活に入ろうとしたが、喘息が重篤となり、同年十二月に夭折。

「2019年 『南洋通信 増補新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島敦の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする