ごん狐 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.68
  • (6)
  • (15)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (9ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こんな結末だったなんて…
    まだ幼い小狐のごんは、一人ぼっちの寂しさを知っていたのだと思う。
    同じ境遇となってしまった兵十に元気を出して欲しかった。
    でも、まだ幼いごんは、悪戯をしてしまった事と、怪我をさせてしまったという負い目で、直接謝ることもできず、黙って隠れてそっと不器用な優しさを送ることしかできなかった。
    兵十も、その優しさである贈物に、誰からのものなのか、真剣に確認もせず、ただ感受するだけだった。
    ずっとごんは兵十に謝って、そして、ちゃんと友達になりたかったのかもしれない。最後のセリフに、小さく頷く表現は、兵十を恨んでいるとは到底思えなかった。
    お互いがもう少しうまく歩み寄れていたら…そうすればまた違ったのだろうか…
    あまりにも…やるせないです…

  • 1. 良かれと思って人のためにやったことが、思いの外その人を苦しめてしまうこともある。

    2. 同時に、相手の善意に気づかずに、その行いを悪意のある行為と思い込んでしまうこともある。

    3. この気持ちのすれ違いはお互いにとって不都合な結果を生み出すものだ。

    4. それを防ぐには、お互いに話し合い、誤解の無きよう物事を進めていくことに尽きるのではないだろうか。

  • うーん、悲しい。。。
    子供の頃読んだ作品は、大人になってから読み返すと全く違った印象に映ることがある。だからこそ、いくつになっても読む価値があるのだろう。
    それにしても、こんなに悲しい終わりだったのか、と思うくらい胸が締め付けられた。
    子供の頃の私はどう感じていたのだろう。子供だった私と、大人になった私は話をしてみたい。

  • こんなに悲しい話だったのかと子供のころを思い出してしまった。ごん…報われねえなあ…

  • 子供の頃に読んだのですが、こんなやるせない話だった事に驚きです。情緒は刺激されますが、名作と謳われる理由が見つかりません。調べてみたら、ごん狐は作者自身を投影しているような解釈もありました。この一言で、作品の見方が随分変わりました。人生の迷いや葛藤、そもそも文学ってそうなんですよね。

  • 教科書にあった物語だと思うのだが、こんなエンドとは・・・
    悪いことはするなという教訓だろうか。

  • 2013/01/26

    ※青空文庫「ごん狐」

  • この話を有名にしているのは、不自然すぎるラストだろう。

    「ごん、おまえだったのか。いつも、栗をくれたのは。」と問いかける兵十に、ごんが目を閉じたままうなずくシーンで、まずキツネが人間語を理解できているのは人間公認であったということに私たちは度肝を抜くのである。キツネがキツネである理由が一瞬にして崩れたこの世界をどう捉え直したものかと脳は発火する。だが哀れなシーンのため私たちは何に度肝を抜かれているのかを考えない。ただ衝撃だけを記憶するのである。

    次に、兵十のこの台詞は、彼が状況を理解したことを読者に示す意図を以て書かれている独り言である。それに対してごんが返事をしていることに私たちは度肝を抜く。読者と文章との間に交わされた契約を物語のキャラクターが奪い去っていくというルールの破れに、今いたはずの世界を一瞬にして崩された脳は自分の立ち位置を探して発火するのである。だが哀れなシーンのため私たちは何に度肝を抜かれているのかを考えない。ただ衝撃だけを記憶するのである。

    メタ発言のある漫画や小説は多かれど、このような方法で文章の規約の目をすり抜けることのできた話は大変珍しい。
    内容としてはどうでも良いが、メタ認知のできる文章という意味では価値があったのかもしれない。

  • Kindle無料。
    名作といわれ教科書にも載る話だが昔からあまり好きではない。
    かなりの久しぶりに読んだらまた印象が変わるかもと思ったがそうでもなかった。
    害獣とそれを仕留めた男の話ってだけだ。
    ただ「ごん、おまいだったのか」はTwitterでよくネタにされていて好き。

  • 小学校低学年にこの悲哀は理解できないよ。今、読んでみて、こんな問題作だったのかと、衝撃うけてます、はい。。。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1913年愛知県半田市に生まれる。『赤い鳥』に「ごん狐」など多くの童話、童謡を発表した。東京外国語学校を卒業後、小学校や女学校などで教鞭をとる。18歳のころ『赤い鳥』に童話を投稿して掲載され、その後「ごん狐」など多くの童話、童謡を発表した。1943年、29歳で早逝した。

「2019年 『2ひきのかえる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新美南吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×