こころ [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
4.06
  • (109)
  • (127)
  • (73)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 1142
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (378ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『こころ』を初めて読んだのは十数年前、高校のときの課題としてだった。こんな話だったかと、いま、思い出した。改めて読んで思ったのは高校生くらいの時分に強制的に読ますのは止めさせたほうがいい。この小説は沢山の駄作良作に触れてこそ真価がわかる。なるべく早く名作に触れさせたいというのは大人のエゴだ。せっかくの作品を嫌いになってしまう。

    『こころ』は淡々と続く独白と終盤の激情、そこに至る登場人物の細やかな挙動と機微を味わう作品といえよう。漱石の文章はしっとりとして柔らかな、いうなればショパンのような文感を持ちつつも、感情を揺さぶる強さを兼ね備える。主人公とともに抱えきれぬ秘密を押し付けられる唐突な終わりの演出と筆力は、エンタメが揃った現代においても決して劣るものではない。とはいえ、そこに至るまでは小説としての古臭さと退屈さに我慢せざるを得ないのも事実だ。そこまでの道は「日本語」という言語の持つ質感を楽しめるかどうかが肝なのである。

    この名作は、たくさんの小説に触れて文章の良し悪しがわかるようになった大人に是非読んでいただきたい。

  • 前半の私の疑問が後半の先生の友情と恋の手紙なのだが、先生の手紙が長いし濃いしで、前半が吹っ飛んだ。しかし私に残されても困るな・・・。
    「こころ」という題がぴったり。Kのこころ、叔父のこころ、お嬢さんのこころ、先生自身のこころ。秘めてる他人のこころの内は分からないもんだ。

  • 「先生」とKの間に起きた事件と先生の自殺に至る経緯が、「先生」から私に宛てられた長い遺書の中に語られる。小説は「先生と私」「両親と私」「先生と遺書」の3部に分かれ、前半の2部で先生の人となり、私の環境が詳細に説明される。
    しかし、本小説の最大の事件である「先生」の自殺については、明らかにされず、前半の2つの章と、遺書の中に述べられるKの精神的特質、西南戦争のときに自決を決意したまま明治天皇の崩御まで35年間待った乃木希典の殉死がヒントとして提出されている。Kの自殺が先生の自殺に多大な影響を与えているのは確かだが、①乃木将軍の殉死を持ってきて、先生が「私に乃木さんの死んだ理由がよく解らないように、あなたにも私の自殺する訳が明らかに呑み込めないかも知れません」とあること②「先生」の過去を善悪ともに他の参考に供するつもり」とあることから、過去の自分のエゴイズムからくる、単なる自己嫌悪による自殺ではありえない。
    非常に暗い小説ではあるが、先生がなぜ人間を恨むようになったのかの経緯、奥さんとの関係が生き生きと描かれる。明治時代の手製のアイスクリームというのはどんなものか見てみたい。
    おそらく数年経って読むと先生の自殺の意味が分かるかもしれない。小説そのものが再読を強く要求する稀有な小説である。

  • 先生は「私」に宛てた遺書となる手紙の中で、長い間自分の心の中にしまっていた自責の念を告白することで、自身の気持ちの整理をつけたかったのかも知れない。先生は友人Kとの関係において、自分が最も忌み嫌う打算的な人間に、結局は自分も成り下がっている事は分かっていても、どうする事も出来ないジレンマがあった。それと同時に妻を愛する気持に全くの偽りはなく、妻に対する言動とは裏腹に妻をとても大切に思っていたことがわかる。

  • 昔、中学か高校の教科書に一部分が載っていたはずで、しかし、どの部分かは覚えていないのだが、読んでいて、「殉死」と言う部分は記憶がある気がした。

    最近、漱石を数冊読んだが、「こころ」は文章が美しい。そして、最後に息をのみはらはらする心情描写がすばらしく、傑作だと思う。

  • まず前半で主人公に先生が言った「恋は罪悪だ」という言葉に伏線、
    そして後半の遺書の中ではその言葉の意味が語られる。
    恋において、嫉妬や勝敗に捕らわれてしまった先生の苦悩と
    恋というものが、他の何者よりも残酷なものであるような感覚。

    ただ、ネガティヴな印象だけ残すわけではなく
    だからこそ恋は素晴らしく、尊いのだと
    しっかり感じることができる。
    大切な一冊になった。

  • 奥さんはどうなる? 共感できない

  • 主人公や先生のこころのありようが細かいところまで表現されていて、感情移入がしやすい内容であった。義父に裏切られた先生が、今度は自分がkを裏切ってしまったという過去を背負い生き続け、とうとうそれに耐えることができずに自分も自殺という道を選んだ。先生は、妻を最後まで愛し、誰よりも信用していた。しかし、そこまで信用していた妻にさえ、過去の自分をうちあけることができなかった。それほどkの死は先生の心に大きな傷となったことがわかる。kが遺書に、もっと早く死んでおけばよかったと書いていたことから、助けようとしていたkをさらに苦しめる結果となってしまった。ただ、きちんと言葉で示す、ひとを信じることが最後までできなかったことがこのような悲劇を招いてしまった。親戚に裏切られ、それは先生にとって不幸なことであったが、こころのもろくなった先生は、その行動からkを自殺に追い込み、最後は自分が自殺することで最愛の妻も不幸にさせてしまうことになる。過去をぬぐいきれないことに対する自分へのいらだちと、人の気持ちを知っていながら、人を傷つけても自分のおもうままに行動した。これらの出来事が、先生を暗い闇にいて人間に対しては疑心を抱く原因であるが、最後は、自分さえも信じる事ができなくなってしまった。せめて、愛する妻にさえ対してこころを打ち明ける事ができていたならば、先生は違った人生を歩む事ができていたのかもしれない

  • 『私は冷ややかな頭で新しい事を口にするよりも、熱した舌で平凡な説を述べるほうが生きていると信じています。血の力で体が動くからです。言葉が空気に波動を伝えるばかりでなく、もっと強い物にもっと強く働きかけることができるからです。』

    『私はその時の己を顧みて、なぜもっと人が悪く生まれてこなかったかと思うと、正直すぎた自分が悔しくってたまりません。』
    『私は金に対して人類を疑ったけれども、愛に対しては、まだ人類を疑わなかったのです。』
    『しかし私のもっと痛切に感じたのは、最後に墨の余りで書き添えたらしく見える、もっと早く死ぬべきだのになぜ今まで生きていたのだろうという意味の文句でした。』

    人間や罪、利己心などと向き合わされる小説。心にずんとくる表現が多くあり、大好きな小説です。
    中学校の時に国語の教科書で読んだ時の衝撃はいまだに消えません。きっとこの先も読み続ける小説でしょう。

  • 日本の代表的名作をスマホで読んだ。紙媒体で読んだ大学時代以来の夏目漱石。心配したほど違和感なく読了。
    私の場合、紙の感覚が…と言うより、文字が読めて、作品の世界に入れれば満足するらしい。

全109件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

明治、大正時代の小説家、英文学者。1867年、江戸(東京都)に生まれる。愛媛県松山で教師をしたのち、イギリスに留学。帰国後、執筆活動を始める。『吾輩は猫である』『三四郎』『こころ』など作品多数。

「2017年 『坊っちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

こころのその他の作品

夏目漱石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

こころを本棚に登録しているひと

ツイートする